鼻をかむ女性

つらい鼻づまり・鼻水の原因と解消法|鼻うがい&ツボ押しのコツ

カラダの悩み
いびき健康睡眠の質

鼻づまりになると、日中ぼーっとしてしまったり、眠れなくなったりして日常生活にさまざまな悪影響が現れます。また、その症状が病気のサインであったり、悪化すると病気につながってしまったりする恐れもあります。今回は、鼻づまりの原因、症状を改善する方法などについて、ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック院長の永倉仁史先生にお話を伺いました。

鼻づまり、鼻水の原因

風邪で鼻水が出る男性

鼻づまりや鼻水は、日中に集中力が下がってしまったり、寝付けなくなったりして日常生活に影響が出ることがあります。まずは、原因を理解して解消につなげましょう。

鼻づまりや鼻水の主な原因は『鼻炎』です。ただし、鼻炎にもアレルギー性と非アレルギー性のものがあり、症状や発症の原因は異なってきます」(永倉先生)

 

アレルギー性鼻炎

「アレルギー性鼻炎」は、ハウスダスト(ダニ)、花粉やカビなどの「アレルゲン(アレルギーの原因になるもの)」が原因で引き起こされる鼻炎です。サラサラした水のような鼻水が出るという特徴があります。

「身体にとって“異物”であるアレルゲンが鼻の中に侵入すると、アレルゲンを身体の外に追い出すために、くしゃみや鼻水が出やすくなります。また、アレルゲンの刺激によって、皮膚や粘膜などの肥満細胞から『ヒスタミン』が放出されます。ヒスタミンには粘膜の炎症を引き起こす作用があるため、鼻の粘膜が腫れて鼻づまりが起こりやすくなるのです」(永倉先生)

 

通年性アレルギー鼻炎

アレルギー性鼻炎の中で、一年中症状が見られるものを「通年性アレルギー鼻炎」といいます。これは、ダニの唾液やフン、死骸に起因するものです。

「通年性アレルギー鼻炎の原因となるダニは、夏に最も増殖しますが、秋になり気温が25℃以下になると死んでしまいます。しかし、その死骸が飛び散るため、秋が症状のピークとなりやすくなります。近年では、家の密閉度が上がったことで通気性が悪くなるなど、住宅環境の変化がダニの増殖を助長しています。また、ダニ以外にも、カビやペットの毛、ホコリなども、通年性アレルギー鼻炎の原因になる可能性があります」(永倉先生)

 

季節性アレルギー鼻炎(花粉症)

「季節性アレルギー鼻炎」は、一般的には花粉症といわれています。通年性アレルギー鼻炎と同じく、アレルゲンである花粉を身体から追い出すためのくしゃみや鼻水、炎症による鼻づまりや目のかゆみなどが起こるのが特徴です。

「近年は、子どもの2人に1人は花粉症だともいわれているほど、子どもの花粉症が増えています。これは花粉飛散量の増加や過剰な衛生観念・環境によって、花粉などのアレルゲンに対して敏感な子が増えたためだと考えられています」(永倉先生)

 

非アレルギー性鼻炎

アレルギー以外の原因で起こる鼻づまりは「非アレルギー性鼻炎」といわれ、風邪などが原因で一時的に発症する急性鼻炎と、そのような症状が断続的に続くことで発症してしまう慢性鼻炎に分けられます。

「アレルギー性鼻炎と違い、非アレルギー性鼻炎の場合は、鼻の粘膜の炎症が進んでいるため、ドロドロとした膿のような黄色っぽい鼻水が出やすくなります。そのため、鼻水の状態を見ることで、非アレルギー性鼻炎か否かを見分けることができます」(永倉先生)

 

急性鼻炎(鼻風邪)

急性鼻炎は鼻風邪ともいわれ、風邪を発症させる可能性のある「ライノウイルス」「コロナウイルス」などのウイルスや細菌に感染することにより、鼻の粘膜に炎症を引き起こします。その結果、鼻づまりや鼻水、くしゃみなどの症状が出る鼻炎です。

「鼻づまりや鼻水、くしゃみといった代表的な症状のほか、頭痛や発熱、喉の痛みといった症状が出ることもあり、急性鼻炎かどうかを見分けるポイントになります」(永倉先生)

 

慢性鼻炎

風邪などで鼻の炎症を繰り返すことで鼻炎が慢性化し、鼻づまりが長く続くようになってしまった鼻炎が「慢性鼻炎」です。

「慢性鼻炎は、鼻の粘膜の炎症が慢性化することで起こります。日常的に鼻づまりや鼻水などに悩まされることが多く、点鼻薬などを使えば一時的に不快な症状は改善しますが、鼻の粘膜の炎症を根本的に治療することが必要になります」(永倉先生)

妊娠による慢性鼻炎

妊娠すると全身の血液循環量が増えますが、同時に鼻の粘膜の血流も増えてうっ血してしまうため、鼻づまりが起こりやすくなります。

「出産を終えれば症状がなくなることがほとんどです。また、妊娠している方は、4カ月を過ぎると使用可能な薬がありますから、そのような安全性の確かめられた薬を、なるべく少量使用して治療するのがよいでしょう。とはいえ、妊娠中の薬の使用はなるべく避けたほうがよいとされているため、薬以外の方法で対処することもあります」(永倉先生)

 

鼻づまり、鼻水の影響による症状

いびきに悩まされる女性

鼻づまりや鼻水は、喉の痛みやいびき、後鼻漏(こうびろう)といった不快な症状を招くことがあります。

 

喉の痛み

鼻がつまっていると自然と口呼吸をするようになってしまうため、喉が乾燥して痛みを感じるようになります。

「喉の粘膜は、花粉やほこりなど、アレルゲンにもなる“異物”から守るための粘液で覆われています。しかし、喉が乾燥すると粘液の量が減って刺激を受けやすくなり、喉に痛みを感じるようになります。また、喉の粘膜を守る粘液が減ると、免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、アレルゲンによる炎症を起こしやすくなったりと、さまざまな弊害も出てしまいます」(永倉先生)

喉が痛いときの治し方|原因と考えられる病気、痛みの対処法
→喉のケアの仕方についても説明しています。

 

いびき

鼻づまりによって口呼吸中心になってしまうことが、いびきの原因になることがあります。

「口を開けていると、一般的にのどちんこといわれる『口蓋垂(こうがいすい)』が垂れ下がり、気道が狭くなります、また、睡眠中には筋肉の緊張がゆるみ、舌の付け根が落ち込んでくるため、呼吸をするたびに狭まった気道の粘膜が震え、いびきが起こるようになります」(永倉先生)

 

後鼻漏

「後鼻漏」とは、鼻水が喉に落ちてくる状態のことです。鼻水の量が増えると喉の奥に流れ込みやすくなり、喉に鼻水がへばりつく不快感、何かを飲み込むときにつかえるような感覚、たんが絡んだような違和感などが現れるようになります。

「重症化すると、鼻水が喉を塞ぐように溜まったり、気管に入って慢性的に咳が出てしまったりすることにつながるので、早めに専門医に診てもらいましょう」(永倉先生)

後鼻漏(こうびろう)の症状|原因と対処法
→後鼻漏について詳しく説明しています。

 

鼻づまり、鼻水から想定される病気

鼻炎で鼻をかむ女性

病気が原因で鼻づまりや鼻水の症状が出ることがあります。代表的な病気は、「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」や「鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)」です。症状が悪化すると手術などが必要となる場合もあるため、以下を参考に、早めに対処しましょう。

 

副鼻腔炎

「副鼻腔炎」は、風邪などの影響で副鼻腔(※1)と呼ばれる鼻の奥にある大きな空洞に炎症が残ってしまうことで起こる病気です。

「副鼻腔の炎症による症状が2~3週間程度でおさまるものを急性副鼻腔炎、それ以上症状が続くものを慢性副鼻腔炎(ちくのう症)と呼びます。副鼻腔炎の症状には、鼻づまりやそれによる嗅覚障害、ネバネバした黄緑色の鼻水、後鼻漏、副鼻腔が炎症を起こすことによる頭痛や顔面痛、発熱などがあります」(永倉先生)

副鼻腔炎になった場合は、抗生剤や消炎剤の内服薬や、鼻の粘膜にネブライザー(吸入器)治療をするなどの治療法が一般的です。自覚症状がある場合は、専門医の判断を仰ぐようにしましょう。

※1:両ほほのそばの「上顎洞(じょうがくどう)」、目の内側の「篩骨洞(しこつどう)」、おでこにある「前頭洞(ぜんとうどう)」、目の奥の「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」という4つの空洞からなる鼻の奥にある空間の総称。4つの空洞は、すべて小さな孔で鼻の穴とつながっている。

 

鼻中隔彎曲症

「鼻中隔」とは、左右の鼻の穴の間にある骨と軟骨でできた壁のことで、これが左右どちらかに極端に曲がってしまうのが「鼻中隔彎曲症」です。

人間が直立して脳が大きく発達するようになったため、脳の重量を鼻の仕切りである鼻中隔が支えきれず、曲がってくるために引き起こされると考えられています。鼻中隔は赤ちゃんの時にはなく、成長の過程で次第に出来上がってきます。曲がっているほうの鼻の穴が狭くなってしまうため、慢性的な鼻づまりが生じやすくなります。

「ほとんどの人に軽度の鼻中隔彎曲が見られますが、慢性的な鼻づまりなどの症状を感じることがなければ、治療をする必要はありません。症状が重く、根本的な解決を目指すのであれば、手術によって曲がった鼻中隔を切除する必要があるでしょう」(永倉先生)

 

鼻づまり、鼻水を和らげる方法

鼻うがいをする幼児

鼻づまりや鼻水は、鼻を温めたり、自律神経にはたらきかけるツボを押したりすることで、一時的に解消することができます。

 

鼻を温める

水に濡らして固く絞ったタオルを1分ほど電子レンジで加熱して鼻を温めると、鼻づまりの症状を緩和することができます。

「鼻づまりは、炎症などにより鼻の粘膜にうっ血が生じている状態です。ホットタオルで温めて血行をよくすることで、一時的に鼻の通りをよくすることができます」(永倉先生)

 

ツボ押しをする

鼻づまりや鼻水の解消には、ツボを押すのも効果的です。

「効果的なのは、風池(ふうち)、印堂(いんどう)、迎香(げいこう)」という3つのツボです。ツボを押すときは、ゆっくりと息を吐きながら5秒ほどかけて押し、息を吸いながら、同じく5秒ほどかけて離すようにしましょう。ひとつのツボにつき、これを2〜3回ほど繰り返しましょう」(永倉先生)

風池(ふうち)

耳たぶの裏にある大きな骨の下、少しくぼんだところにあるツボです。ゆっくり押すことで、鼻づまりを解消する効果が期待できます。

印堂(いんどう)

左右の眉頭(まゆがしら)の真ん中にあるツボです。鼻づまりや鼻水をすぐに解消したいときに有効です。

迎香(げいこう)

小鼻の両脇の少しくぼんだところにあるツボです。印堂と同じく、鼻づまりと鼻水の解消に即効性があるとされています。

 

鼻うがいをする

鼻うがいは、鼻づまりや鼻水の原因となる鼻の中に付着したアレルゲンや鼻水を洗い流すことができます。

「体温に近い温度の生理食塩水や市販の鼻うがい専用薬を、片方の鼻の穴から吸い込んで反対の鼻から出す方法です。専用薬が口に回ってしまうこともありますが、問題はありません。正しい方法で行えば、風邪予防や副鼻腔炎の不快感を和らげる効果的も見込めます。ただし、そっと優しく行い、やりすぎは禁物です」(永倉先生)

 

ペットボトルを脇に挟む

詰まっている鼻の穴とは逆の脇に500mlのペットボトルを挟みます。その状態で数秒間、強めに挟み続けることで、一時的に鼻の通りをよくすることができます。

交感神経が優位になると鼻の粘膜の血管が一時的に収縮し、腫れも改善します。その作用を応用することで、鼻づまりの改善につなげる民間療法です。脇の下には交感神経が走っており、ペットボトルを挟むことで、程よい強さで圧迫刺激することができます」(永倉先生)

 

鼻炎薬の種類や使い方について

点鼻薬を使う女性

鼻づまりや鼻水を改善する鼻炎薬は、内服薬タイプと点鼻薬タイプの二種類に大別されます。

 

内服薬

内服薬は、以下のような薬が代表的です。症状が軽い場合は市販薬でも問題ありませんが、状況に応じて専門医の指導を受けてください。

 

抗ヒスタミン薬

鼻づまり、鼻水、くしゃみなどのアレルギー症状を起こすヒスタミンの作用を抑えることを目的とした内服薬です。ヒスタミンをブロックする「第一世代」と、症状が出る前から服用する「第二世代」があります。

「アレルギー性鼻炎を放っておくと、慢性的な刺激により、粘膜が敏感になってアレルギー反応が起きやすくなってしまいます。早めの服用で症状を抑えましょう。効き目を優先させたい場合は第一世代、眠気を避けたい場合は第二世代と、使い分けられることが多いです。市販薬の場合は、『眠くなりにくい』などと表記してあるか否かで判断できると思います」(永倉先生)

 

抗ロイコトリエン薬

「ロイコトリエン」は、アレルゲンの侵入によって分泌され、鼻の粘膜の血管に付着し、血管を広げて鼻づまりを引き起こします。「抗ロイコトリエン薬」は、この作用を抑える内服薬です。

 

点鼻薬

点鼻薬は、スプレー式の噴霧器などを使い、鼻の粘膜に直接薬を噴霧します。鼻づまりを解消したり、アレルギーによる炎症を抑えたりする効果があります。代表的なものに「点鼻用血管収縮薬」や「鼻噴霧用ステロイド薬」があります。

 

点鼻用血管収縮薬

鼻の粘膜の血管を収縮させ、鼻づまりを解消する点鼻薬です。投薬当初は、8〜12時間程度効果が持続しますが、使い続けることで効きめが落ちることもあります。

血管収縮薬の多用は、リバウンドを起こし、かえって鼻づまりを悪化させてしまう『点鼻薬性鼻炎』を引き起こしてしまうため、絶対に使いすぎないようにしてください。よく、『寝ている間に鼻がつまるのが嫌だから』という理由で、就寝前にも血管収縮薬を点鼻する人がいますが、使用量の増加の原因になるため、避けたほうがよいでしょう」(永倉先生)

 

鼻噴霧用ステロイド薬

強力な消炎作用があるステロイドの効力を利用して、鼻づまりの改善につなげる点鼻薬です。炎症だけでなく、アレルゲンなどの“異物”に対する免疫反応そのものを抑える効果があるものもあります。

「用量を守れば安全な薬だといえます。ステロイド点鼻薬を使用する際は、使用の注意を守って正しく使うことが大切です」(永倉先生)

 

何気なく毎日を過ごしていても起こってしまう鼻づまりや鼻水ですが、こまめなケアで、症状の緩和や悪化を予防することはできます。今回ご紹介した対策を参考に、鼻づまりによる不快感を解消しましょう。

 

<参照>
「家庭の医学』(主婦の友社)
「子どもの花粉症・アレルギー性鼻炎を治す本」永倉仁史監修(講談社)
「よくわかる東洋医学」平馬直樹、瀬尾港二、稲田恵子監修(池田書店)

永倉 仁史

監修

医師

永倉 仁史

ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック 院長


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A