鏡で眉をチェックする女性

夏なのに乾燥肌?シミ・シワ・たるみを加速させる「肌ストレス」の季節ケア&睡眠改善

カラダの悩み
睡眠の質美容

「肌の乾燥は冬に起こるトラブル」というイメージがありますが、一年を通してさまざまな要因で起こるもの。夏の暑い季節も、肌は乾燥しやすくなっています。さらに、睡眠不足による「ストレス」が肌のバリア機能(角層表面が持っている保護力と保湿力のこと)を低下させ、「肌荒れスパイラル」を引き起こしてしまうのです。肌乾燥によるトラブルはエイジングを加速させる大きな要因。肌乾燥の原因を知り、できるだけ肌に負担をかけないよう、しっかりケアしていきましょう。

今回は株式会社DECENCIA(ディセンシア)の角田日向子(すみた・ひなこ)さんに、季節要因による肌トラブルの原因や、おやすみ前の肌ケアの方法についてお話を伺いました。

夏の肌乾燥|シワ・シミ・たるみが加速するのはなぜ?

太陽光

夏の暑い季節は肌がべたつきやすく、「乾燥対策は不要」と保湿ケアをサボってしまいがち。ですが、「“夏だからこそ”の要因で肌乾燥は起こっています」と角田さんは言います。

「夏はさまざまな要因から肌乾燥が起こりやすい季節。一番の原因は紫外線で、あと意外なところでは睡眠不足。そのほか、エアコンや扇風機の風なども挙げられます。これらの要因が引き金となり、肌のバリア機能が低下することで、乾燥による肌のゴワつきやかゆみなどのトラブルを引き起こしてしまいます。さらに乾燥は、シワやシミ、肌のたるみなどのエイジングサインにもつながる大きな要因。紫外線対策と睡眠ケアはしっかりしてほしいですね」(角田さん)

 

紫外線による影響

夏は特に紫外線量が多くなる季節。「紫外線にあたると、肌によくない」ということは分かりますが、具体的にどのようなメカニズムで影響を受けているのでしょうか?

「紫外線を浴びると、肌の表面を覆う角層細胞がダメージを受け、肌内部の水分が蒸散してしまいます。このような“肌のバリア機能が低下している”状態になると、外部刺激を受けやすくなり、肌内部で炎症が起きてしまいます。すると、炎症物質は肌のハリや弾力に作用するコラーゲンを破壊するため、シワが発生してしまいます。また、炎症物質はメラニンを過剰に生成してしまい、そのメラニンが肌表面に現れることで、シミの原因にもなってしまうのです」(角田さん)

紫外線対策はこまめな日焼け止めの使用や、日傘を持ち歩くなどできるだけ浴びないようにすることが重要ですが、それだけではなく朝・夜のスキンケアで乾燥対策も忘れずに行いましょう。

 

睡眠不足による影響

十分な睡眠は美肌に必要不可欠。睡眠不足も肌乾燥の原因に。夏はとくに睡眠不足と、睡眠不足によるストレスという負のスパイラルが肌ダメージに影響しています。

「アンケートの結果、夏は寝つきが悪く、睡眠不足になると感じる方が多いことが分かりました」(角田さん)

 

「夏は睡眠不足になると感じますか?」と聞くと、約9割の人が『はい』と答えている

提供:ディセンシア
「夏は睡眠不足になると感じますか?」と聞くと、約9割の人が『はい』と答えている

 

「さらに、睡眠不足を感じている方のほうが、精神的なストレスも感じやすいということも分かりました。さらに、睡眠不足によって肌が荒れるメカニズムも解明されています」(角田さん)

 

夏の時期にストレスを感じますか?と聞くと十分な睡眠の人に比べ、睡眠不足の状態の人のほうが2割以上も多く「はい」と答えている

提供:ディセンシア
夏の時期にストレスを感じますか?と聞くと十分な睡眠の人に比べ、睡眠不足の状態の人のほうが2割以上も多く「はい」と答えている

 

睡眠不足で肌のバリア機能が低下するメカニズム

「充分な睡眠がとれている肌と睡眠不足の肌では、角層状態が異なります」(角田さん)

 

左:十分な睡眠がとれた角層/右:睡眠不足の状態の角層。上下の角層細胞がコルネオデスモゾームによって接着されており、細胞間に空間がない
提供:ディセンシア
左:十分な睡眠がとれた角層/右:睡眠不足の状態の角層。上下の角層細胞がコルネオデスモゾームによって接着されており、細胞間に空間がない

 

「十分な睡眠がとれた状態だと、角層細胞同士の接着剤のような役割をしているコルネオデスモゾームという物質が分解され、細胞間にセラミドなどの脂質が充満し、バリア機能の高い“バスケットウィーブ®角層”の状態になります。一方で睡眠が不足すると、 “コルネオデスモゾーム”がうまく分解されず、細胞間の脂質が充満できなくなるのでバリア機能が低下し、乾燥や炎症が起きやすくなってしまうのです」(角田さん)

 

ストレスでバリア機能が低下するメカニズム

ストレスがかかると、自律神経のバランスが乱れ、血行不良が起こります。すると、皮膚の温度が低下し、良好な角層を生み出すことができず、バリア機能が低下してしまいます。

「肌の顆粒層には“タイトジャンクション”という酵素があります。タイトジャンクションには肌のバリア機能を保つために必要な肌内部の水分や、正常な角層を生むためのサインを出す役割をする“カルシウムイオン”という栄養分の流出を防ぐ役割があります。しかし、皮膚の温度が下がり、タイトジャンクションが正常に働かなくなると、水分や栄養分が流出して、良質な角層が作られず、肌のバリア機能が低下してしまうのです」(角田さん)

 

タイトジャンクションが正常に働いていない状態
提供:ディセンシア
タイトジャンクションが正常に働いていない状態
※Ca:カルシウムイオン

 

こうして肌のバリア機能が低下すると、外部刺激を受けやすくなり炎症が慢性化します。紫外線の影響と同様、この肌内部の炎症がコラーゲンを破壊したり、メラニンを活性化させたりするため、シワやシミなどのトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

夏はとくに大切! おやすみ前の肌ケア

頬と首を押さえて遠くを見る女性

夏だから…とクリームを省いたりローション(化粧水)だけで済ませたりしてしまうと、肌乾燥を加速させてしまいます。

「夏でもローション・エッセンス・クリームを基本としたスキンケアを行いましょう。保水効果の高いローションだけだと、油分が不足し肌に“ふた”ができず、乾燥を引き起こしてしまいます。ローションでたっぷりうるおした後には必ず、エッセンス・クリームなど油分を多く含むアイテムを使ってください。3つのアイテムを使い、正しいお手入れをするだけでより肌がうるおいやすくなりますよ。また、ゆっくり丁寧に肌ケアをすると、リラックスして副交感神経が優位になりやすくなります。眠る前にリラックスすると睡眠の質の向上にもつながるので、以下の方法を試してみてくださいね」(角田さん)

 

肌乾燥を防ぐスキンケアのステップ

STEP1>適量を手に取り、手のひらで温める

顔になじませる前に手のひらで温めましょう。肌に均一にのせられ、浸透力もアップします。

 

STEP 2>両手で顔を包み込み、やさしく浸透させる

肌へ摩擦をおこさないよう、こすらず両手で優しく肌を包み込みましょう。「肌がモチっとした」と感じるまで丁寧に行うのがポイントです。

 

STEP 3>リンパの流れにそって、首元までケアする

顔の中心から外側へ、リンパの流れを意識しながら首元までのばしてください。首はシワが目立ちやすい場所にもかかわらず、ケアを忘れがちな部位。しっかり首元までのばしましょう。

 

肌ケア+睡眠の質向上でさらに万全の対策を

ベッドで眠る女性

夏の寝苦しさにより、なかなかスムーズに眠れなかったり、夜中に目が覚めてしまったりしてストレスをためないようにするために、就寝前の行動に気を付けましょう。

 

寝苦しさを解消し、スムーズに入眠する方法

夏はエアコンを使った寝室環境の調整を

室温は2628度、湿度は5060%に保ちましょう。温度は気温だけでなく、寝室の壁や天井、床の温度にも影響を受けます。寝室全体を冷やして最適の温度にするためには、眠る30分ほど前からエアコンをつけてください。朝に暑さで目覚めてしまわないようにするには、起床時間の30分~1時間前までにエアコンがつくようタイマー設定をしておくとよいでしょう。

「夏にエアコンや扇風機をタイマーでセットして寝るときも、風が直接肌に当たらないようにしてください。肌の水分が失われ、乾燥の原因になってしまいます」(角田さん)

 

就寝前のNG行動

夏だけではなく一年を通して、以下の行動は活動を司る交感神経を優位にしてしまいます。交感神経が優位になると、リラックスしにくくなり、眠りを妨げてしまいます。就寝前は避けるようにしましょう。

  • PCやスマートフォンなどを使い、ブルーライトを浴びる
  • 喫煙やアルコールの摂取

 

睡眠の質を上げる方法

就寝前に行ってリラックス

深く眠るためには、就寝前にリラックスして副交感神経を優位にすることが重要です。リラックスするためには、以下の方法が有効です。

  • アロマなどお気に入りの香りを楽しむ
  • 音楽を聴く
  • ストレッチやヨガをする
  • 就寝2時間前までに3840℃のぬるめのお湯をはった湯船に1020分つかる

 

毎日の習慣、「起床後に朝日を浴びる」で睡眠の質を改善

一時的な睡眠前の行動だけではなく、毎日の習慣も睡眠の質を左右します。朝目が覚めたら太陽の光を浴びましょう。睡眠ホルモン「メラトニン」のもととなる「セロトニン」を出す効果があります。十分なセロトニン分泌は夜のメラトニン生成につながるので、朝日を浴びると就寝時刻に自然な眠気が起こりやすくなります。メラトニンはセロトニンが分泌されてから一定時間後に生成されるリズムがあるので、就寝時刻がずれてしまったとしても、できるだけ起床時刻をそろえるようにするとよいでしょう。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A