弱視の種類と治療法|大人の視力回復のための具体的方法とは

弱視の種類と治療法|大人の視力回復のための具体的方法とは

カラダの悩み
病気

「弱視(じゃくし)」とは、医学的には視力の発達に障害が生じ視力が低い状態のままになり、眼鏡をかけるなど矯正をしても視力が上がらないことをいいます。

弱視は8歳ごろまでの治療により回復が見込めるとされていますが、最近の研究では成人以上でも弱視の視力向上・回復が可能だという結果が出ています。今回は弱視になる原因から治療法までを解説していきます。

弱視の原因

視線

「弱視」には2種類あります。

1つは、眼科における医学的な用語で「医学的弱視」と呼ばれるものです。脳の「見えると感じる機能(視覚野)」の発達が妨げられ、眼鏡などによって視力矯正をしても視力が低いままの状態のことを指します。

2つめは「教育的弱視」や「社会的弱視」と呼ばれるものです。両目の矯正視力が0.04以上0.3未満で、日常生活が困難な状態です。これは総称として「ロービジョン」とも呼ばれることもあります。   以下では医学的弱視の原因について解説していきます。

医学的弱視になる原因

医学的弱視になる原因は、脳の中にある「見えると感じる機能(視覚野)」がうまく発達しなかったためとされています。以下で、視覚野のメカニズムや、視覚野の発達の過程、視覚野の発達が妨げられる原因について解説していきます。

視覚野のメカニズム

人は物を見ているとき、目に入った光はレンズ(角膜と水晶体)を通してフィルム(網膜)で受取っています。角膜と水晶体は目に入った光の像を網膜で結ぶ役割をしています。

網膜で受取った像の情報は、脳に通じる神経(視神経)を通り、視覚野に送られます。この視覚野で、受取った情報を処理し、初めて人は物が見えると感じとることができます。

視覚野のメカニズム

したがって、目や視神経に異常がなくても、見えると感じる機能を司る視覚野がうまく機能していないと、人は物が見えると感じとることが弱くなるため、物がぼやけた状態、すなわち視力が低い状態になるのです。

視覚野が発達する過程

人は視覚野が未発達な状態で生まれてきます。生まれたばかりの赤ちゃんは視覚野が未発達なため、物がぼんやりとしか見えていません。

成長するにつれて、視覚野が発達すると、次第に物が見えるようになり、3歳ごろには大人と同じくらいの視力を獲得するといわれています。

視覚野の発達が妨げられる原因

視覚野の発達が妨げられる原因は主に「遠視(まれに近視)」「斜視」「形態覚遮断(けいたいかくしゃだん)」などが挙げられます。

遠視(まれに近視)

目のピントを合わせることができないケースのことを指します。

斜視

右目と左目の視線が違う方向を向くことで生じるケースのことを指します。

形態覚遮断

生まれつき水晶体や網膜などの目に異常があるケースのことを指します。   上記3つの理由により情報の伝達が妨げられると、視覚野の機能が発達しないため、物を見るという能力を獲得することができなくなります。この状況が医学的弱視です。

弱視における日常生活への影響

ボール

医学的弱視の人の中で、片方の目だけの視力が低い人は7割程度いるといわれています。また、片眼弱視の多くの人は、もう片方の目の視力が高いので、問題なく日常生活を送っています。

普段の暮らしでは困っていない片眼弱視の人も含め、医学的弱視の人が、日常生活にどのような影響があるかについてみていきます。

物体の奥行きがとらえにくいため球技が苦手

医学的弱視の人は両眼で物体の奥行き感を捉えることができないため、球技が苦手というケースが多いとされています。

ある研究結果では、物体の奥行き感を捉える機能(両眼立体視)が弱い人がボールをキャッチする成功率は、平均して2回に1回だった、と報告されています。

両眼立体視とは

両眼で物体の奥行き感を捉える機能を両眼立体視と呼びます。両眼立体視は物体を見た時に、脳が両眼それぞれと物体との角度のずれを奥行き感として認識する機能です。

名前の通り両眼で見ることが必要なため、片方の目の視力が発達していない医学的弱視の人は、この機能をうまく使うことができません。

<両眼立体視が機能しているか試す方法>

両眼立体視が機能しているか試す方法

軽くひじを曲げ、両腕を肩幅程度に広げて肩の高さまで上げます。片目を閉じて、人差し指だけを伸ばし、人差し指同士がくっつくか試してみてください。

最初の一回でくっつけることができるでしょうか? 片目だけでやってみると、遠近感がつかみづらいことが体感できます。続けてやると、脳がずれを認識し、手の動きを調整してしまうことにより、指をくっつけやすくなります。

  何度もやる場合は、一度手をブラブラさせてから試してください。両眼視機能が正常な人が両目で試した場合は、一回目でも指をくっつけることができますが、両目でも人差し指がくっつけづらいようであれば、両眼立体視が弱い可能性があります。

採用条件に満たないため職業の選択が制限される

両眼視機能を必要とする職業に就くことができなくなります。例えば、運転士、パイロット、警察官、競馬選手、旅客機客室乗務員など、採用条件や法令により就職できないことがあります。

自動車事故にあうリスクが高い

イギリスで行われた調査によると、医学的弱視の人が車を運転して事故に遭遇するリスクは、正常の人に比べて2.3倍高いと報告されています。

日常生活以外への影響

日常生活で困っていない片眼弱視の方でも、疾患や怪我により高いほうの片目の視力を失った場合、普段の生活が困難になるだけでなく、弱視眼の視力がほとんど出ていない場合は、失明に近い状態となるリスクがあります。

医学的弱視の人は、両眼が視覚障害になるリスクが、医学的弱視ではない人に比べて2倍以上になるといわれています。

弱視の治療と視力回復について

脳のイメージと女性

見えると感じる機能を担う視覚野は、限られた期間内で発達し、生まれてから1歳半ごろをピークに8歳ごろまでとされています。

この時期を過ぎると、医学的弱視の視力回復は難しいといわれていますが、近年成人の医学的弱視の人でも視力が回復することがあるという研究結果が報告されています。

ここでは医学的弱視の治療法と、大人でも実践可能な視力回復法、知覚学習の導入例について紹介します。

医学的弱視の治療法

視覚野を発達させるためには、目を通じて受け取った物体の情報が視覚野に送られることが必要なので、視覚野への情報の伝達を妨げる要因を取り除くことが治療法となります。以下で要因別に治療法を解説します。

遠視(まれに近視)

目のピントをうまく合わせることができないケース(遠視<まれに近視>)では、矯正眼鏡により治療を行います。

ただし、右目と左目の視力に大きな差がある場合は、「アイパッチ」と呼ばれる眼帯で視力の出ている目を隠す治療を行います。視力の出ている目をアイパッチで隠すことで、視力の出ていない目に対応する視覚野の発達を促すためです。

目を隠さずに過ごすと、視力の出ている目のみの機能しか使われないため、視力の出ていない目に対応する視覚野が発達しないからです。

斜視

左右の目の視線が違う方向を向くケースについても、遠視(まれに近視)同様、矯正眼鏡により治療を行います。年齢や視線先の違いの度合いにより、先に弱視の治療を行うことがあります。

先に弱視治療を行わないと、斜視治療の効果が得られないことがあるからです。

形態覚遮断

生まれつき水晶体や網膜などの目に異常があるケースについては、その原因となっている疾患の治療を行います。

成人にも対応可能な視力回復法

近年、脳科学の観点から視力回復へのアプローチをしている研究グループによって、成人した医学的弱視の人でも視力を上げられる「知覚学習を利用した視力回復法」が実用化されました。

従来、視覚野が発達する期間を過ぎると視力を上げることは難しいとされているなか、この知覚学習による視力回復に関する研究結果は、世界的に有名なNatureという権威ある学術雑誌に掲載されるなど、近年注目されています。

知覚学習法とは

知覚学習とは、聞く、見る、感じるなどの知覚に関連する特定の音、光、刺激などを受ける経験を重ねることで、それらの刺激を感じとる力が鋭敏になるというものです。

一例として、空港で手荷物検査をする保安員が、何度も荷物検査をし続けることで、荷物の内部を撮影したレントゲン映像から一瞬で不審物を見抜けることが出来るようになることが、知覚学習による能力獲得の例として挙げられます。

下の図のような、ガボールパッチと呼ばれる縞模様を見ると、視覚野が大きく反応することが過去の研究により示されています。知覚学習による視力回復法は、この研究結果を取入れたもので、効率的に視覚野が発達するように、ガボールパッチの縞模様を変化させた視覚訓練を重ねることにより、視力の回復を促すものです。

成人の医学的弱視の人に対してこの方法を行ったという研究論文によると、視力が平均で約1.7倍に上がり、矯正視力0.3だった人が0.8まで回復した例も挙げられています。

ガボールバッジ

知覚学習の導入例

知覚学習によって成人の視力を回復させる方法は、海外では医療機器によって実用化されています。この医療機器は、アメリカのFDAと呼ばれる日本の厚労省に相当する行政機関の審査をクリアしており、承認を受けています。

これまで1万人以上の大人の医学的弱視の人が、この医療機器によるトレーニングを実施しており、実際に視力が回復しています。

日本ではまだ導入されていませんが、もし導入されれば、医学的弱視になっている成人でも、視力を回復させられる可能性があります。

視力回復が可能かどうかを見分けるチェックリスト

*現在、調整中です*

視覚学習によって視力回復する可能性を簡易的にチェックします。

 

あてはまるものをチェックをチェックしてください。 ※このチェックは病気を診断するものではありません。

この結果にかかわらず、視力に不安のある方は眼科専門医に相談しましょう。

  <参照>
日本眼科学会
日本眼科医会
日本弱視斜視学会
浜松医科大学 眼科学教室
日本小児眼科学会  

<参照論文>
Uri Polat 他, “Improving vision in adult amblyopia by perceptual learning,” PNAS, vol. 101, no. 17, pp6692–6697, April 27, 2004

 Uri Polat 他, “Training the brain to overcome the effect of aging on the human eye,” Nature Scientific Reports, 2 : 278, DOI: 10.1038/srep00278 

Audrey Chia 他, “Prevalence of Amblyopia and Strabismus in Young Singaporean Chinese Children,” IOVS, Vol. 51, No. 7, July 2010

Toshihiko Matsuoa 他, “Comparison of Prevalence Rates of Strabismus and Amblyopia in Japanese Elementary School Children between the Years 2003 and 2005,” Acta Med. Okayama, Vol. 61, No. 6, pp. 329-334, 2007

Liesbeth I. N. 他, “The contribution of stereo vision to one-handed catching,” Exp Brain Res, 157, 383–390, 2004 

J S Rahi 他, “Does amblyopia affect educational, health, and social outcomes? Findings from 1958 British birth cohort,” British Medical Journal, doi:10.1136/bmj.38751.597963.AE, MAR/6, 2006  

Redmer van Leeuwen 他, “Risk of bilateral visual impairment in individuals with amblyopia: the Rotterdam study,” British journal of ophthalmology, doi: 10.1136/bjo.2006.113670, 91(11): 1450–1451., NOV, 2007

Joshua I. Gold, “Perceptual learning,” Current Biology, 26; 20(2), JAN, 2010

  <参考文献>
丸山敏夫(編)他, “視能学”, 第2版, 分光堂

photo:Getty Images

森岡 清史

監修

医師・医学博士

森岡 清史

吉祥寺森岡眼科 院長


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)

眠りのQ&A