ブロガー・ARuFa「熟睡感より背徳感」おかしな睡眠へのこだわり

「かわいい女の子の夢が見たい」 夢日記をつけ始めて気づいたこと

「かわいい女の子の夢が見たい」 夢日記をつけ始めて気づいたこと

熟睡することを避ける睡眠スタイルを心掛けているからなのか、一晩に4、5回ほど夢を見ることがあるというARuFaさん。4ヵ月前から欠かさず“夢日記”をつけているのだそうです。  

 

ARuFaさん「夢日記をつけはじめたきっかけは、会社の先輩達との飲み会での雑談です。たまたま、“夢ってめちゃくちゃ面白いのに、内容を覚えているようで覚えていないのはもったいないよなぁ”という話になって、夢の内容を報告し合うグループチャットを作ったんです。そこで僕も、自分が見た夢を記録するようになりました」  

 

夢日記をつけ始めると、自身がよく見る夢の傾向に気がついたそうです。  

 

ARuFaさん「なぜか“ゾンビが大量にいる小学校で襲われまくる”とか“飲み物を買いに行ったら、エアガンで撃たれる”とか、圧倒的に悪夢が多いんですよね。」  

 

ここでARuFaさんが、これまでにどんな夢を見てきたのか、夢日記の中身を見せてもらいました。

mv_post3

「2/12 キリンを真二つにした」

mv_post3

「2/9 回転寿司のレーンに爆弾を流して、厨房の人を攻撃したら、次から赤い寿司が流れてくるようになった」

mv_post3

「2/10 みそ作りしてた」

mv_post3

「11/27 月のみちかけの真実を知る」

 

さすが夢というべきでしょうか。月のみちかけの真実が何だったのか、気になります。

 

こうして夢日記をつけることで、夢への探究心が湧いてきたARuFaさんは、過去に “思い通りの夢”を見るための実験をしたことがあるそう。  

 

ARuFaさん「いろいろ実験しているのですが、今のところ失敗ばかりですね。脳に意識を焼き付けるために『空を飛ぶ夢が見たい』とノートに大量に書き込んでから眠ったときは、“ノートに一生懸命書き込む行為”そのものを夢に見てしまいましたし」  

 

どうやら、思い通りの夢を見るのは、かなり難しいようです。 他にも、数年前には「かわいい女の子の夢」を見るために、こんな実験もしたのだとか。  

 

ARuFaさん「数年前には、“女子が使っていそうなリンス”を加湿器に入れて、いい匂いをさせながら寝たこともありました。夢は“香り”に影響されると聞いたことがあったので、女子が使っていそうなリンスの香りを嗅ぎながら寝れば、“かわいい女の子の夢”が見れるんじゃないか? と思って試してみたんです」  

 

そのときの様子の再現がこちら。

少量のリンスを加湿器の水に混ぜた結果、見た夢とは…?

少量のリンスを加湿器の水に混ぜた結果、見た夢とは…?

 

──それで、かわいい女の子の夢は見られたんですか?  

 

ARuFaさん「いや、“発狂したピエロにチェーンソーで殺される夢”でした」  

 

「見たい夢」を見るための試行錯誤は失敗ばかり。夢をコントロールするための術は、いまだにつかめていないARuFaさんですが、寝言と睡眠の関係については少し発見があったそうです。  

 

ARuFaさん「寝言を録音できるアプリで、自分がどんな寝言を言っているのか調べてみたんですよ。そうしたら、深夜の4時くらいに一言だけ『ケツ』と言っていました。でも、そのときはケツが出てくるような夢は見ていなかったはず。ここから導き出されたのは、“夢と寝言はリンクしているようで、本当は関係ない”という仮説です!」

 

  ──なるほど!  

 

ARuFaさん「そして、この仮説が何かの役に立つのかと聞かれたら、そんなことはありません」  

 

──分かりました。

 

前のページ: 二度寝の気持ちよさと背徳感が最高 次のページ: 夢を見るため、あえて寝にくい姿勢に。 眠りを楽しむためのARuFa流睡眠法
1 2 3 4
ARuFaさん

インタビュー

ARuFaさん

ブロガー。中学2年生のときに開設したブログ「ARuFaの日記」の独特すぎるネタで人気を博し、ブロガーとして知名度を上げる。自身の勤める株式会社バーグハンバーグバーグが運営しているWEBサイト「オモコロ」では、ユニークな記事や検証動画などを多数公開。

Site: http://arufa.hatenablog.jp/


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)