ブロガー・ARuFa「熟睡感より背徳感」おかしな睡眠へのこだわり

二度寝の気持ちよさと背徳感が最高

二度寝の気持ちよさと背徳感が最高

ここからはARuFaさんの眠りについて掘り下げていきましょう。  

 

ARuFaさん「思い返すと寝付きはメチャクチャ悪いですね。早くて30分、通常は1時間半、ひどいときは2〜3時間かかる日もあります」

 

意外にも寝付きが悪いARuFaさん。 とはいえ、ARuFaさんは会社員、平日の起床時間は9時と決めているそう。そこで、限られた睡眠時間で“ニセの睡眠時間の余裕”を作るために、必ずしていることがあるのだとか。  

 

ARuFaさん「わざと起床時間のちょっと前にアラームをかけて、毎日二度寝をしています。『うわ、まだこんなに寝れちゃうのかよ、まいったな』と思いながら二度寝をする瞬間が本当に好きで、多いときには四度寝くらいしています」  

 

そんなARuFaさんには、二度寝をもっと楽しむためのテクニックがあるとのこと。

 

ARuFaさん洗顔、歯磨き、着替えなどの身支度をすませた後に、あえて二度寝をしています。いつでも出かけられるように身支度をしたのに、また眠る…この背徳感が最高なんですよね。近いうちに靴を履いたまま二度寝をしてみたいとも思っています」  

 

変態的な「二度寝の背徳感」を楽しむことが習慣になってしまったARuFaさん。そのためなのか、いざ「一発で起きねば!」というときの寝起きは、まるでダメなのだそう。  

 

ARuFaさん「二度寝に慣れすぎてしまって、なかなか一発では起きられなくなってしまいました。最近では同僚に教えてもらった“ヤードム”というスースーする嗅ぎ薬を枕元に置いて、起床した瞬間に両鼻に突っ込んで何とか目を覚ましていますね…あとは、布団の中で大暴れして無理矢理、身体を目覚めさせることもありますが、どう考えても効率的ではないですよね」

 

眠気覚ましにヤードムを使うARuFaさん

▲眠気覚ましにヤードムを使うARuFaさん

 

寝付きも寝起きも悪いというARuFaさん。さぞ、眠りに頭を悩ませているのでは? そんな疑問に対してARuFaさんは「いや、たいして悩んではいないです」と即答。その理由を聞くと、「熟睡をしたくないから」という斜め上の回答が…。

 

ーーえ、眠りたくないんですか?

 

 

ARuFaさん「熟睡をすると、寝ている感覚もなく、一瞬で朝になっちゃうじゃないですか。あれってすごく損した気分になるんですよね。それに引きかえ“夢うつつ”な状態って最高じゃないですか? 『あ~、寝てる。寝てるよ今~!』って実感できるし、何より“寝た感じ”がすごいじゃないですか。だから僕は、熟睡するよりも、浅い眠りがずっと続いている方がありがたいですね。そう思いませんか?」  

 

同意を求められても、フミナーズ編集部としては「そうですね」とはいえません。それにしても、熟睡できない方がいいと力説する人は初めてです。そして、本人が幸せを感じているとはいえ、ぐっすり眠れていないことには変わりありません。

 

──当然ARuFaさんも「日中に睡魔に襲われることがある」といいます。会社員として働くARuFaさんにとって、これはかなりのマイナスになるのでは?  

 

ARuFaさん「うちの会社では“2時間までなら昼寝OK”という制度があるので、仕事中にバンバン寝てますね。他にも“業務中に銭湯OK”という制度もあるので、昼休みの1時間もプラスして、昼休み→2時間昼寝→銭湯という最強コンボを組んで最長4時間の欲望ジャックポットタイムを作り出すことができるので、睡眠不足のダメージは少ないですね」  

 

──出た、欲望ジャックポットタイム。  

 

ARuFaさん「ただ、昼寝をすると、きまって夜は眠れなくなります。そうして僕の体内時計は狂い、寿命は縮んでいくのです。欲望ジャックポットタイムはその対価として命を蝕む。これだけは覚えておいてくださいね」  

 

──(なんなんだ…)

 

前のページ: ブロガー・ARuFa「熟睡感より背徳感」おかしな睡眠へのこだわり 次のページ: 「かわいい女の子の夢が見たい」 夢日記をつけ始めて気づいたこと
1 2 3 4
ARuFaさん

インタビュー

ARuFaさん

ブロガー。中学2年生のときに開設したブログ「ARuFaの日記」の独特すぎるネタで人気を博し、ブロガーとして知名度を上げる。自身の勤める株式会社バーグハンバーグバーグが運営しているWEBサイト「オモコロ」では、ユニークな記事や検証動画などを多数公開。

Site: http://arufa.hatenablog.jp/


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)