夫婦円満が職場を意識改革!愛妻家ツイッタラー・shin5の睡眠習慣

奥様との愛情たっぷりエピソードをつづった“幸せいっぱいツイート”で、22万を超えるフォロワーを毎日ハッピーにしているshin5(しんご)さん。恋人時代と変わらない結婚ライフの模様が漫画化されたことでも話題になりました。愛情とユーモアあふれる理想の夫婦仲に、思わず胸キュンする人が続出。shin5さんによると夫婦円満の秘訣は、睡眠前後のちょっとした“ひと工夫”なのだそうです。
 

誰もがうらやむ理想の夫婦! しかしその裏では不眠に悩む日々も…

誰もがうらやむ理想の夫婦! しかしその裏では不眠に悩む日々も…

shin5さんは奥様と頻繁にメールを送り合い、そのやりとりはよくTwitter上で公開されていますが、実は元々連絡はマメなほうではなかったそう。しかし今では1日30通以上も送るほど。それは常に夫婦がお互いのことを想っているからだそうですが、そんな二人のラブラブっぷりが伝わるやりとりがこちらです。

 

 
出張中に奥様が怒っていないか気遣うshin5さんですが、ツンデレな奥様からジョークを交えて、わざと素っ気ない返信をされることも。見ているこっちまで思わずにやけてしまう幸せな関係。その始まりは運命的な出会いからだったそうです。

 

「普段は忙しくてなかなか会社の飲み会には参加できないんですが、その日はなんとか参加できることになって。そこで偶然僕の隣に座ったのが、妻だったんです! 社内といっても、様々なプロジェクトチームが集まっているので、他のチームで働く妻とは面識がなかったんですよね。妻が積極的に話しかけてくれて気が合うな〜と会話が盛り上がっているうちに、気づいたら妻のとりこになってました(笑)」

 

奥様と意気投合したことで、社外でもよく話すようになったといいます。

 

「妻は僕より年上なんですが、まるで同い年みたいに気楽に話せて、一緒にいると落ち着くんです。普段は明るくて積極的なのに、僕の前ではツンデレになるところもまた可愛いんです(笑)」

 

話を聞いてるこちらまで照れてしまいそうなのろけっぷり。プライベートでも一緒に過ごす時間が増え、いつしか二人は恋人に。しかしいざ付き合うとなったとき、shin5さんにはある覚悟が必要だったとか。

 

「妻は一児のシングルマザーだったので、最初は少し不安もありましたね。ただ、一緒に過ごしていくうちに妻にどんどん惹かれていって、『これからもずっと一緒にいたい』と離れられなくなってました(笑)。妻の子どもとも何度か会ううちに自然と打ち解けていって、妻も子どもも引っくるめて大切にしようと決めたんです」

 

家族になりたいと思う一心で、結婚を決意。順風満帆な結婚ライフが続くのかと思いきや、shin5さんは睡眠のことで気がかりなことがあったそう。

 

「僕はIT企業という仕事柄、残業が多いせいで深夜遅くまで働くことがあるんです。早いときは定時の18時には帰れるんですけど、遅いときは帰宅が午前0時を過ぎてしまうことも…。それなのに朝は6時頃に起きないといけないので、正直寝足りないですね(笑)

 

さらに睡眠不足以外にも、不眠の悩みが…。

 

「仕事で溜まった疲れやストレスのせいか、寝付くのは早いですが、夜中に突然目が覚めてしまうことがよくあるんです。眠りが浅いので、ちゃんと疲れが取れず、起きてもだるさを感じることも多いですね」

次のページ: 一家の大黒柱となって家族の睡眠を守った
1 2 3 4
shin5さん

インタビュー

shin5さん

1986年1月23日生まれ。都内の会社員。Twitterで奥様との“のろけエピソード”を公開してから、理想の結婚ライフとして22万超えのフォロワーから注目されるほどの人気っぷり。妻と3人の子どもとの日常をつづった漫画「結婚しても恋してる」、書籍「いま隣にいる君へ、ずっと一緒にいてくれませんか」(ともにKADOKAWA)が発売中。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)