多忙でも、くたばらない!芸人・伊達みきおの移動中&宿泊先での安眠法

お金がないから寝るしかなかった。1DK2人暮らしの若手時代

お金がないから寝るしかなかった。1DK二人暮らしの若手時代
M-1王者になる前は、コンビを組んでいる富澤たけしさんと1DKで二人暮らしをしていたという伊達さん。そのときの睡眠時間や睡眠環境はどのような様子だったのでしょうか?
 
「富澤と二人で暮していたときは、お金もないから寝るしかなくて…。もう、何度寝しただろうってくらい寝てました。1DKの部屋だったんですが寝室は一緒で、布団を並べて川の字になって寝ていたんです。富澤は僕より睡眠時間が長くて、10時間ぐらい平気で寝ていましたね。あるときは、僕のほうが後に寝たのに、僕がバイトに行って帰ってきてもまだ寝ているときがありました。死んでいるんじゃないかと思いましたよ(笑)」

 

睡眠の癖についてはコンビで真逆と話す伊達さん。富澤さんの睡眠に関するクセは“変わっているどころではないほど変わっている”ようです。

 

「僕は寝る体勢にはクセがなくて、ジーッと動かずに寝るタイプなんです。特に飛行機は、シートを倒さず頭をヘッドレストにビシッとつけて、直立で寝ます。シートを倒して寝たら、着陸前にCAさんに『背もたれを戻してください』と声をかけられてびっくりしちゃうんで、そのままで寝るようにしているんです。
 
一方、富澤は新幹線でもグーグーいびきをかいて寝ますし、身体が痛くなるんじゃねぇかっていう寝相のときもあります。それとあいつの変わっているところは、移動の車中ではガンガン寝るくせに、ホテルでは眠れないってとこですね」

 

富澤さんはホテル泊が苦手なため、始発で間に合う現場には東京から朝早く移動してくるそう。

 

「富澤曰く、シーツがつるつるしていると眠れないらしいんです。というのも、寝るときに片足の膝を立てて寝る癖があるんですけれど、シーツがつるつるすると足がちょうどよい位置で止まらないから眠れないとか。あるときは、足が定位置に止まらなくて、3時間ぐらいシーツのつるつると格闘していたそうです。それがしんどくて床に寝たというんですけど、だったらいっそのこと、ずっと起きてろよって(笑)」

 

熟睡するためには、寝る体勢や環境にはそれぞれの個性が出るよう。自分が心地よく寝るための術を、二人とも毎日の移動の中で探しているようですね。

前のページ: 多忙でも、くたばらない!芸人・伊達みきおの移動中&宿泊先での安眠法 次のページ: ホテルで熟睡するコツは抱き枕。風邪予防には加湿器をセット
1 2 3 4
伊達みきお(サンドウィッチマン)

インタビュー

お笑い芸人

伊達みきお(サンドウィッチマン)

1974年9月5日、宮城県仙台市出身。1998年9月に、勤務先を退職して高校の同級生である富澤たけしさんと笑いコンビ「サンドウィッチマン」を結成。2007年「M-1グランプリ」に出場し、敗者復活戦から見事、王者に輝く。現在はテレビとラジオを合わせて10本のレギュラー、雑誌などのメディア出演、ライブ活動をこなすかたわら、被災地支援活動、みやぎ絆大使、東北楽天ゴールデンイーグルス応援大使なども務めている。

Site: http://ameblo.jp/mikio-date/

Site: http://gree.jp/sandwichman/


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)