はあちゅう流・彼氏選びの条件は恵比寿在住!? デキる女の睡眠管理術

慶應大学在学中に“カリスマ女子大生ブロガー”として大きな注目を集めたはあちゅうさん。当時、女子大生2人で「クリスマスまでに彼氏をつくる」をテーマに立ち上げた期間限定ブログは1日に47万PVを集め、のちに書籍化もされるヒットに。また、企業スポンサーを募ってタダで世界一周旅行を敢行するプロジェクトも大きな話題を呼びました。

現在はブログで情報発信をしながら、作家活動を行い、会員限定のオンラインサロンも主宰するなど多方面で活躍中。そんな多忙な彼女はどのようにして1日のスケジュールやりくりし、自分の夢を実現させてきたのでしょうか?その秘訣は自身の“睡眠管理”にあったのです。

※こちらの記事は 2016年5月12日 に公開されたものです。リニューアルに伴い、再更新しました。

「寝ないこと」がかっこいいと思っていた学生時代

「寝ないこと」がかっこいいと思っていた学生時代

2008年、女子大生だった頃に協賛スポンサーを得て世界一周旅行を実現したはあちゅうさん。彼女は70日間で世界14カ国を周りました。しかし、そのバックパッカーの旅は想像以上に過酷だったそう。

 

はあちゅうさん「砂漠の中のベッドや石のように硬いベッド、何で濡れているかわからないびしょびしょのベッドで寝たこともありました。移動中の睡眠も多かったんですが、絶え間なく揺れ続けているバスの中では寝ようと思っても眠れないんです。とにかく睡眠環境は悪かったですね」

 

インドでは電車の中で食中毒になってしまい「私、なんでこんなことしているんだろう」と旅に出たことすら後悔したのだとか。そんな苦しさの中、頭に思い浮かんだのは、“自宅のふかふかのベッド”だったといいます。

 

はあちゅうさん「わざわざ旅に出なければ今ごろあのベッドで寝ていたのにって、ホームシックになりました。高級なホテルなら柔らかいベッドにありつけるんですけど、バックパッカーの旅ではそんな贅沢はできなかったんです。だから、旅行を終えて自宅の柔らかいベッドに入った瞬間、すごく幸せを感じましたね(笑)」

 

そんなふうに、“安心して眠れることの幸せ”を実感したはあちゅうさん。しかし当時は、「寝ないことがカッコいいと思っていた」とのこと。憧れの先輩が3、4時間しか寝ないショートスリーパーで、自分も見習おうと頑張っていたそうです。ところが…

 

はあちゅうさん「私の場合、睡眠不足だとネガティブ思考になるし、イライラするんですね。睡眠時間を削ると生産性が落ちると分かって、それからは睡眠の質を高めることを意識するようになりました」

 

さらに、はあちゅうさんは「天才はよく眠る」という法則を発見。

 

はあちゅうさん周囲のデキる人を観察していたら、睡眠時間が長い人が多いことに気づいたんです。天才型の人はよく眠る代わりに、起きている時間の使い方を工夫しているように思いました。だから私も、睡眠時間を削るのではなく、1日にやることの量を減らす工夫をするようになりました」

 

しかし、大学を卒業して就職したはあちゅうさんを待っていたのは、やることだらけの超多忙な毎日だったのです。

次のページ: 睡眠を重視しすぎるがゆえに、彼氏選びの条件が「恵比寿で一人暮らしをしているかどうか」に
1 2 3 4
はあちゅうさん

インタビュー

はあちゅうさん

1986年生まれ。本名、伊藤春香。ブロガー、作家、コメンテーター。慶應義塾大学在学中にカリスマ女子大生ブロガーとして注目され、卒業後は電通、トレンダーズに勤務。現在はフリーランスで活動している。「半径5メートルの野望」「自分の強みをつくる」など著作多数。また、ライフスタイルプロデューサーの村上萌と「ちゅうもえサロン」を、カラーズ代表取締役の経沢香保子と「ちゅうつねカレッジ」という有料オンラインサロンを運営中。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)