「ゲッターズ飯田さん」睡眠で運気を操る! 人気占い師の幸運&効率的に生きる睡眠術

「睡眠欲」はほとんどなし。寝つき・寝起きも抜群

goldenrule_iida_03

現在はお子さんも生まれ、「6~7時起床、深夜12時ごろ就寝」という規則正しい睡眠生活を確立されているという飯田さんも、かつては睡眠時間がめちゃくちゃだった時代があったそう。

 

「芸人を辞めて放送作家として原稿を書いていた時代が一番忙しかったですね。TV局で明け方5時ごろまで打ち合わせをして、ちょっと寝て、その後朝9時ごろからずっと原稿を書く…という生活をしていました。

 

睡眠時間は3時間程度。連載原稿を27本抱えていたので(笑)。当時は寝なくても平気でしたね。寝るよりも原稿を書いたり、趣味で占いをしたりする方が楽しかったんです

 

当時、業界関係者からさえも「飯田はバケモノなんじゃないか」と言われていたとか。

 

「占いもやるし、いつ連絡しても起きているから『あいつは全然寝ていないぞ』と。しかも異様に元気(笑)。でも、僕は“寝だめ”できるタイプなんですよ。1ヵ月に1回程度、12時間くらい寝れば、他の日は寝なくても平気です」

 

寝つき・寝起きもよいそうで、「夜寝るときはスッと寝るし、朝は目覚ましよりも早く目が覚める」のだとか。

 

「電車に乗って寝ていても、乗り過ごしたりすることはまずないです。寝起きはいいですね」

 

そんな飯田さんは睡眠以外の日常生活も占いに従って行動を決めることが多いそうです。運気がいい幸運期のときに買い物をするので、「壊れていなくても電化製品を買い替えたり、パンツを3年分買いだめしたり」など、他人から見たら「?」なことも。

 

「占い通りに動くのは実は結構めんどうなんですよね。でも、そこまでしてもいつも運気がベストな状態を保てるかというと、それはありません。運は振り子の揺り戻しと同じ。どんなに気をつけていても運気が悪いときは必ず来てしまう。

 

占いは悪運期を避けるためのものではなく、これから転ぶぞ、というときに“構え”ができるものとして考えてほしいですね。運気が悪いときは修行のとき運気が上がったときのための準備期間としてとらえるといいと思います」

前のページ: 「ゲッターズ飯田さん」睡眠で運気を操る! 人気占い師の幸運&効率的に生きる睡眠術 次のページ: ゲッターズ飯田さん流・運気を上げる睡眠術
1 2 3 4
ゲッターズ飯田さん

インタビュー

ゲッターズ飯田さん

お笑いコンビとして活動後、放送作家・タレント・占い師としてメディアを中心に活躍中。統計学に基づいた独自の占い方法で評判を呼び、現在、占った人数は5万人以上。近著に『金持ち風水』『運の鍛え方』『運めくり』(すべて朝日新聞出版)など。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)