【夢眠ねむさん】個性派アイドル・でんぱ組.inc、躍進の秘訣は「早起き」にあり!

睡眠グッズにこだわり! 寝間着もプロデュース

__4nemu_0078_560

過去の睡眠エピソードを楽しそうに語る夢眠さん。やはり睡眠や眠る前の習慣には相当のこだわりがあるそうで、現在は、寝る前の半身浴は欠かせないのだそう。

 

夢眠さん「『蔓潤湯(まんじゅんとう)』という入浴剤を入れて浸かるのがお気に入りです。お風呂から上がったら、温かいデトックスティーを飲むのもポイント。リラックスとか、ムクミを取る効果があるので、おすすめです。この習慣をやめてしまうと代謝が悪くなって、ライブで汗が出なくなっちゃうんです」

 

さらに極めつけは寝間着! なんと、リラックスした睡眠を取れるように、自分でプロデュースしてしまったというから驚きです

 

夢眠さん「2013年に、BALMUNG(バルムング)というブランドとコラボして『ばるねむんぐ寝具』をつくりました。寝間着のコンセプトは、シルエットがかわいい“寝る気マンマン”な服! 私の理想がそのまま形になりました」

 

着心地バツグン! と、自ら出来栄えに太鼓判を押すグレーのスウェットは、ヒザ上まで収まる大きめのサイズ。

 

夢眠さん「パジャマも良いけど、上下揃えるのが大変だし、オールインワンで着られる方が好きなんですよ。あと、小さな女の子が大きいサイズのスウェットをダボッと着る姿ってかわいいし、リラックスできそうだなって思って。でも、私は身長が170cmと高くて、スウェットが3Lとかになってしまうので、普通のお店ではなかなか見つからないんです。だから、私でもダボッと着られるサイズのものを自分で作っちゃいました(笑)」

 

インタビュー中にたびたび登場した「リラックス」という言葉が、彼女の睡眠哲学の核のようです。いつもたくさんのファンやスタッフに囲まれているアイドルにとって、一人の睡眠時間はゆったりリラックスすることが大切なのかもしれませんね。

 

【眠りの黄金法則】

  • 朝ごはんのために、早寝早起きを心がける
  • 心の基地と呼べる、居心地のよい空間をつくる
  • できるだけ締めつけのない“寝る気マンマンな服装”で寝る

【ウィークデーの平均睡眠時間】

  • 約5時間

【睡眠タイプ】

  • 寝間着をプロジュースするほど睡眠にとことんこだわる“オタク”タイプ
夢眠ねむさんのフミナー度は『50%』、いま一歩よい眠りが取れていないようです
bnr_list_check
前のページ: ソファで居眠りばかりしていた、引きこもりライフ
1 2 3 4
夢眠ねむさん

インタビュー

夢眠ねむさん

7月14日三重県生まれ。6人組アイドルグループ、でんぱ組.incのメンバー。キャッチフレーズは「永遠の魔法少女未満」で、担当カラーはミントグリーン。グループでの活動のほか、雑誌のモデルやコラム執筆、映像監督、自身のアート作品を飾った個展を開催するなど、多方面で活躍。現在、でんぱ組.incは2016年1月から3ヶ月連続配信シングルを発売。全国ツアー「GOGO DEMPA TOUR 2016~まだまだ夢で終わらんよっ!~」を開催中。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)