電話が怖い!? 笑いを届ける落語家の笑えない(!?)睡眠事情

電話が怖い! 笑いを届ける落語家の笑えない(!?)睡眠事情

アメリカのイェール大学を経て、三井物産に入社という経歴を持ちながら、落語の世界に飛び込んだ立川志の春さん。立川志の輔師匠の3番弟子として、2011年に二つ目に昇進。自分で公演を開くことができる位となり、活躍の場を広げています。

エリート街道から落語家への転身…と、めまぐるしい人生を送ってきた志の春さん。これまでは、眠る暇もなかったのではないでしょうか?

アメリカで過ごした学生時代、ルームメイトのせいで不眠デビュー!?

アメリカで過ごした学生時代、ルームメイトのせいで不眠デビュー!?

高校時代は千葉県の学校に通っていた志の春さん。「偏差値で進路が左右されるのはおかしい…」と日本の進学状況に疑問を抱き、やりたいことを実現できる大学を探していたそうです。

 

「“アメリカの大学なら3年次までに専攻を決めればいい。君に合っているよ”と英語教師に勧められ、留学を決めました」

 

合格したイェール大学は、数々の政治家を排出してきた全寮制の名門校。

 

「寮は4人部屋で、2段ベッドの1段目で寝ていました。僕の上段にはアイスホッケー部のルームメイトが寝ていたのですが、寒いのが好きみたいで、夜は窓を全開にして、しかも裸で寝るんですよ! 大学があるコネチカット州ニューヘブンは、冬は−10℃にもなる寒い土地。寒すぎて、まともに眠れるようになるまでに時間がかかりましたね」

 

さらに、アイスホッケー部の彼は部活の練習で朝早く起きるため、彼と同じく朝4時半ごろに目が覚めてしまうことも。ルームメイトとの生活も含め、学校生活は慣れないことの連続でした。

 

「アメリカの授業は、その場で何か教わるというよりも、予習し、わからないところを授業中に質問するスタイル。みんな自己主張が強いので、はじめはかなり戸惑いました。日常会話にもついていくのが大変で」

 

言葉も分からず、慣れない文化の中で必死に食らいついていく日々。そんな中、現地で出会った異国の友人たちに日本の文化を教えられるというショッキングな経験が、のちの進路を変えたといいます。

 

「それまで僕は、黒澤作品も小津作品も観たことがなかったんです。映画好きの友人に『日本人なのに、それはダメだ。俺が教えてやる』と、視聴覚室に連れて行かれました」

 

そこで、自分の国の文化を全く知らないことに気づいたという志の春さん。改めて自分のルーツを知るために、卒業後は日本に戻ることを決意しました。

次のページ: 運命を変えた志の輔師匠の高座
1 2 3 4
立川志の春さん

インタビュー

落語家

立川志の春さん

立川志の輔の3番弟子。2002年10月入門。2011年1月「志の春」のまま二つ目昇進。出囃子「供奴」。1976年、大阪府生まれ。幼少時と学生時代、合計7年間を米国で過ごす。米国イェール大学卒業後、三井物産にて3年半勤務。偶然通りがかって初めて観た落語に衝撃を受け、志の輔門下に入門。古典落語、新作落語、英語落語を演じる。ジャズ、演劇、日本酒、和菓子など、ジャンルの垣根を越えたコラボ企画にも積極的に取り組んでいる。著書に『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか? 落語に学ぶ仕事のヒント』(星海社新書)、「自分を壊す勇気」(クロスメディアパブリッシング)など。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)