漫画家・おかざき真里のリアル『サプリ』睡眠生活

漫画家・おかざき真里のリアル『サプリ』、イス3つ寝睡眠遍歴とは

大人の恋愛模様を細やかでリアルに描く漫画『サプリ』や『&』が代表作で、女性から圧倒的な支持を集める漫画家、おかざき真里さん。

かつては大手広告代理店で働きながら漫画の執筆を続け、現在は3人の子育てと両立させています。そんなおかざきさんの睡眠やライフスタイルは、結婚&出産を機に大きく変化したそう。

会社員時代は、「会社で眠ることも少なくないほど、タフな生活を送っていた」というおかざきさんに、睡眠遍歴やライフスタイルの変化、漫画に対する想いについて語っていただきました。

平均睡眠時間は3時間!? 多忙な会社員時代

『サプリ』1巻39ページ

『サプリ』1巻39ページ

 

――おかざきさんが、漫画家を志したきっかけを教えてください。

 

「『手に職をつけなければならない』と思ったのがきっかけですね。

実家が江戸から続いた造り酒屋なので、なんとなく実家を継がなくてはいけないと思っていたら、両親から『お前は出て行け』と言われたんです。だったら、子どものころから好きだった“絵”を仕事にしよう! と思って」

 

――大学卒業後は、会社員として働きながら漫画家として活動されていたそうですが、なぜ兼業を選ばれたのですか?

 

「大学進学時、美術大学の日本画科に入りたかったのですが、画材は高いし、日本画家として食べていけるようになるのは難しいと思いました。

そこで、『デザイナーになれば、卒業後すぐに安定した収入が得られるはず』とデザイン学科に入り、卒業後にはデザイナーとして広告代理店に入社したんです。

高校時代から何度か漫画雑誌の新人賞をもらっていたので、漫画もそのまま副業として描き続けていました。上司も、私が副業で漫画家をやっていることは認めてくれていたんですよ

 

――会社には何年間勤めていたのですか?

 

新卒で入社してから、結婚して退職するまで11年間ですね。その間もずっと漫画家の活動は続けていました」

 

――広告代理店も漫画家も、とても忙しそうです。睡眠時間は当時何時間くらいとれていましたか?

 

1回の睡眠時間は平均3時間くらいで、まったく眠れない日もありました。ご想像のとおり、かなり無茶な生活です(笑)

会社に泊まることも多かったので、家は『シャワーを浴びて、着替えを取りに帰るだけの場所』という感じ。

睡眠時間が5時間睡眠以下の日が3日以上続くとさすがにキツくて、徹夜の翌日はできるだけ7〜8時間くらい眠るようにして、なんとかバランスをとっていました」

 

――そんな生活の中で、どうやって漫画を描いていたんですか?

 

「時間を確保するためのルールを作って、その中で漫画を描いていたんです。

例えば、“明け方に帰った日は、朝7時までは漫画を描く”“朝まで漫画を描いてベッドに入ったら、お昼の『笑っていいとも』が終わるまでには起きて会社に行く”といったルールです。

勤めていた会社がフレックス制で、何時に出勤してもよかったからできたことでもあるんですけどね。

執筆が終わらない場合は、打ち合わせと打ち合わせの合間の15分を使ったり、出張の移動時間を利用して新幹線の中で描いたりしていました

 

――過酷な生活ですね…。寝坊で約束の時間に遅刻してしまったことはありますか?

 

「実は私、絶対に遅れちゃいけないときに、寝坊したことが何度かあるんです…。出張の日に寝坊して新幹線に乗り遅れてしまった経験もあります

あのころは、実家暮らしをしている後輩に頼み込んでモーニングコールをしてもらっていたんですが、それでも気づきませんでした(笑)」

 

大切な予定がある日でも寝坊をしてしまうほど「超多忙」な生活を送られていたおかざきさん。睡眠時間確保のために実践していたのは「あの漫画」に描かれていたシーンと同じ方法だった、といいます。

 

次のページ: 『サプリ』の「イス3つ寝」は実話! おかざき作品・リアリティの秘密
1 2 3 4
おかざき真里さん

インタビュー

おかざき真里さん

漫画家・イラストレーター。1967年6月15日生まれ。美術大学卒業後、大手広告代理店に入社し、CMプランナーとして正社員勤務しながら執筆活動を続ける。1994年『バスルーム寓話』でデビュー以降、2000年に退職するまで、会社員と漫画家の仕事を両立。代表作に『サプリ』『&』など。「フィールヤング」にて『かしましめし』、「月刊スピリッツ」にて『阿・吽』連載中。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)