寝室がエンタメ空間に早変わり! 新たな睡眠体験ができるホテルが銀座にオープン

みなさん、快適な寝室環境を欲していませんか?

人間は一生の約1/3を睡眠に費やすと言われています(1日8時間睡眠の場合)。90歳まで生きる人であれば、ざっと30年は寝室で過ごす計算。それだけ長い時間を使うなら、“ただ寝るための部屋”ではなく、もっと豊かで居心地の良い寝室で過ごしたいですよね。

そんな願望を叶えてくれる宿泊施設「スーパーホテル プレミア銀座」が、11月19日にオープンしました! 同ホテルの一部の客室では、これまでにないエンタメ体験を楽しめる“特別な装置”が付いているようです。

1台でいろんな楽しみ方ができる、スマートなシーリングライトを導入!


公式ホームページより。3 in 1スマートライト「popIn Aladdin」

その特別な装置とは、東大発のベンチャーpopIn株式会社が開発した「popIn Aladdin(ポップイン アラジン)」。これは、プロジェクター・スピーカー・LEDシーリングライトが一体になった、3 in 1スマートライトなんだとか。


これが1台あれば、

・スマートフォンで撮影した写真や動画のスライドショー
・YoutubeやNetFlixなどの動画コンテンツを大画面で鑑賞
・Spotifyで好きな音楽を流してちょっとしたクラブ感を演出

などなど、寝室でいろんな楽しみ方ができちゃいます! 専用のリモコンに「電気をつけて」「○○の曲が聞きたい」と話しかけると、音声で操作することも可能。ス、スマートすぎる……。

 


さらに今回、popIn社は、人の睡眠を数字として見える化するアプリ「Sleep Data」を開発した株式会社アルメックスと協業し、同アプリを「popIn Aladdin」に導入。これにより、宿泊客は自身の睡眠データ(睡眠中の呼吸や心拍数など)を取得し、睡眠の質をチェックすることもできるんだとか。睡眠改善にも一役買ってくれそうですね。

 

 

寝室照明は、睡眠の質をも左右する

いろいろとスマートすぎるシーリングライト「popIn Aladdin」。もちろん、ライトとしての機能も抜群で、調光・調色は6段階の明るさ×6段階の色=合計36色から選べるというから驚き。

質の良い睡眠には、寝室照明にも気を配る必要があることは過去の記事でも紹介しています。ぐっすり眠るための寝室照明を選ぶ基準としては、

・光源がむき出しになっていない照明を選ぶ
・光の向きが変えられる照明を選ぶ
・LEDライトはブルーライトカットのものを選ぶ
・フットライトを設置するなら、光源が見えないように

といった4つのポイントがあります。

「最近、ぐっすり眠れてないかも……」と悩んでいるかたは、寝室照明を変えてみるのも良いかもしれませんね。

▼快適な睡眠を導いてくれる照明選びは、こちらを参考に!

 

 

家電量販店でも「popIn Aladdin」の体験が可能!

公式ホームページより。家庭用の引掛シーリングがあれば、工事なしで取付が可能。

「popIn Aladdin」が導入されている客室は、全11室。10月19日のグランドオープンと同時に、部屋の予約も開始しています。今までにないエンタメ要素が満載のベッドルーム。気になるかたは、ぜひ泊まってみてはいかがでしょうか?

「体験したいけど、ホテルに泊まる予定ないし……」と思ったそこのあなた。東京・大阪・神奈川の一部の家電量販店(全10店舗)では、「popIn Aladdin」の展示を行っているようなので、一度チェックしてみてくださいね。(該当店舗はこちら

それでは、快適な睡眠ライフを!

フミナーズ編集部

執筆

フミナーズ編集部


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)