「ハグされた心地良さ」加重毛布の存在が気になって眠れない

夜寝るとき、無性に寂しくなることってありませんか?

とくに気温が下がるのと同時に気持ちまで落ち込んでくるこの季節。暗い部屋で一人寝ていると、どうしようもない不安に駆られるときがあります。

不安だらけの一日をなんとか乗り切ったのだし、せめて寝るときぐらいは心地良い安心感に包まれて寝たい。欲を言えば誰かにハグしてもらいながら寝たい。

今回はそんな方々にオススメな情報をお届けします。
「少し重い毛布で寝ると安心して眠れる」という話、聞いたことありませんか?

毛布を重くすると安心して眠れる!?

スウェーデンの研究チームが、不眠症や自閉症など不安を感じやすい人たちを対象に睡眠時に約8kgの毛布で寝てもらう実験を行ったところ、「加重毛布を使用しない場合に比べて平均睡眠時間が増加し、睡眠中の無駄な動きが減少した」という結果が出たそうです。

また被験者たちにアンケートを取ると、「重さに対する不快感はそれほど感じず、むしろグッスリ眠れて朝のリフレッシュ感も向上した」と答えたそう。最高すぎるじゃないですか。

平均的な毛布で2〜3kgですから、「8kgなんてけっこう重くて普通に嫌じゃない?」と思ってしまいますが、まるで誰かにハグされているような感覚になり、安心できるのだとか。毛布を重くするだけでハグされた気持ちになれるとか、人間の脳って意外と単純でかわいいんですね……。

しかし、これにはきちんと科学的な根拠もあります。

加重ベストや毛布により皮膚に圧力をかけることは、自閉症や発達障害の子供の不安を軽減し、リラックスさせる効果があると認められています。

また、不安や痴呆に悩む高齢者のストレス軽減にも効果的であり、一部の養護施設ではすでに導入されているケースもあるそうです。

 

(参考)Sci Med Central:
「Positive Effects of a Weighted Blanket on Insomnia」
https://www.jscimedcentral.com/SleepMedicine/sleepmedicine-2-1022.pdf

 

 

 

 

寝具選びのポイント


いろんな意味でちょっとヘヴィな寝具情報をお届けしましたが、もう少し気軽に実践できる寝具選びのコツもあります!

寝具選びのポイントは季節ごとに異なり、

夏は、
・掛け布団だけでなく敷布団も夏用に
・通気性と吸水性に優れたサマーピローに替える
・ひんやりパジャマで涼しく眠る

冬は、
・羽毛布団の使い方で保温効果を上げる
・重ね着のしすぎはNG
・寝る前に寝具を温めておく

などが挙げられます。

 

▼より詳しくはこちらをどうぞ!

寝具の選び方は?快眠しにくい夏・冬の寝具選び
https://fuminners.jp/iroha/howto/959/

 

また、まくら選びに関してはより細かなポイントがあります。

・枕の高さが自分の体型に合っている
・基本構造がしっかりしている
・好みにあった素材
・メンテナンスのしやすさ

などなど、気になった方はこちらもどうぞ!

快眠につながる枕の選び方!6つのポイント
https://fuminners.jp/iroha/howto/829/

 

 

 

自分に合った寝具を選ぼう

当たり前のことですが、寝具選びで最も重要なことは、自分の体質やスタイルに合った寝具を選ぶこと。

今回ご紹介した加重毛布も、不眠症や不安を感じやすい体質の方には効果が認められていますが、より一般的に効果があるかは定かでないようです。自分の心や身体と相談して適切な寝具を選びましょう。

それでは、自分に合った寝具で安心した睡眠を!


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)