【36時間連続更新20本目】夫婦円満の秘密。たったひとつの冴えたやりかた

ラジオでしゃべったのかどこかで書いたのか、なんか発信したような気もするけど言ってないような気もするので書いておきたい。
僕が発明した「夫婦円満のメソッド」についてである。

どういう事かと言うと、「全部他人のせいにする」というものだ。

この「全部他人のせいにする」という字ヅラだけ取ると完全にヤバいサイコパスだと思われるので補足しておくと、
つまりはこんな感じである。

【お茶を入れて欲しい場合:普通バージョン】

ぼく
「なあなあ、お茶入れてくれへん?」

奥さん
「ごめん今ちょっと手が離せないから無理」

ぼく
「そっかー」

まあ、これだと普通。
これに「全部他人のせいにする」っていうメソッドを導入すると、

【お茶を入れて欲しい場合:他人のせいバージョン】

ぼく
「なんか、さっき知らないおじさんが『妖精さんにお茶入れて欲しいなぁ』って言うてた」

奥さん
「そうかー。でも妖精さん、『今忙しいから無理かも』って困ってたから今は難しいかも知れんねぇ」

ぼく
「そっかー。じゃあおじさんに言うとくね」

みたいな感じである。
これ、なんていうか自分の要望とか意見とかを伝える時に、
全部人のせいにすることでなんとなくアタリが柔らかくなるのである。
どう?伝わる?あれ?なんか伝わってるかどうか不安になってきた。

例えば遅く帰って来た時に、

「遅いよ!心配したじゃん!」

って言うより、

「さっき通りすがりの子猫が、『帰るの遅くない?あの人心配かけてばっかりやねえ』って怒ってたよ」

って伝えた方がなんかこう、柔らかいんですよきっと。

あれ?どうなの?その辺?どう?伝わってない?
きっとこういう感じでやってく方がなんかこうギスギスしなくて良いんじゃない?とか?
思ってるんだけど?そのへん?どうなの?

って、隣の家のおばあちゃんが言ってました。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)