【36時間連続更新10本目】ヨッピーの「地元」について語ってみる。

僕の生まれ育った所は大阪市の東成区という所である。
東成区はいわゆる下町で、何かしらの特色があるわけでもなく至って普通の住宅街、とも言える。

東成区は大阪市の東の果てにあって、東隣が東大阪市だ。
その東大阪市には「布施」というまあまあ大きな駅があり、
家から歩ける範囲だったこともあり、僕が高校生くらいの頃はよくその「布施」で遊んでいたので今日はその布施の話をしようと思う。

ちなみに、先に言っておくのですが、僕が今からする「布施の話」は僕がよく出没していた20年くらい前の布施の話であって、今の布施の話とは全然違う可能性があることをご留意頂きたい。

結論から先に言うと「けっこうひどい話」をするつもりだし、
今布施に住んでいる人に「そんなことないよ!」「布施の悪口言うな!」と言われると困るからである。

その前提を踏まえて読んで頂きたく思います。実際の所、今の布施の治安はそこまで悪くないと思う。
一時期はひったくり発生率全国一位とかまでいってたらしいけど。

・信号待ちしているとヤクザに自転車で突っ込まれる

高校生くらいの頃、布施の交差点で自転車にまたがって信号待ちをしている、
僕らの集団めがけて自転車で突っ込んできたおっさんが居た。

ガッシャーン!

「どこ見てんねんボケがコラーーーッ!」

自転車と自転車が接触するなり、フルマックスで怒り出すおっさんを見て僕らは震えたのである。
おっさんはスキンヘッドにサングラス姿で、どこから見ても完全無欠のヤクザだ。

僕らの仲間の「鈴木」という名前のやつがおっさんの標的になり、
「ただ信号待ちをしていただけ」という状態なのに5秒後にはフルテンションで怒ったおっさんにボッコボコに殴られるのである。
「こんな理不尽、ある!?」と思った。だって、僕らは信号待ちをしていて自転車を動かしてすらいないのである。
そこに後ろから一方的に突っ込んで来て「どこ見てんねん」ってどういうこと!?って思った。

その理不尽さは「鈴木」も当然感じていたみたいで、おっさんにブン殴られながらも、
「僕、何にもしてないじゃないですか~~~!」
と口答えをしたのだけど、「なんじゃコラーーーッ!」っと怒り狂ったおっさんに更に景気よくぶん殴られる。

吹っ飛んできた鈴木の体が、僕の自転車に向かって飛んできたのだけど、
おっさんの巻き添えを食うのが嫌で、
倒れ込んでくる鈴木の体を「スッ」と自転車ごとよけたのは今でもハッキリ覚えている。

布施には理不尽が多い。

・高校で完全に浮く

そんな布施で育った僕が、近畿大学付属高校に進学する事になった。
理数科、という今ではどうだか知らないけど当時は「特進科」みたいなクラスに入ったのでクラスには割と真面目な、
お勉強が出来るタイプのクラスメイトが多かったのである。
当然、布施のようなスラム街で育った僕は浮きがちになった。

下校時に一緒に遊ぶ友達も、残念ながらあまりいなかったので、僕は「布施工業」という近くの工業高校の連中と遊ぶようになる。僕の地元から布施工業に行った連中がまあまあたくさん居たからだ。

その事が知れ渡ると更にクラスで浮くようになった。布施工業は「ガラの悪い高校」としておなじみだったから、そういう人たちと仲が良いやつはよろしくない、みたいな判断が働いたのかもしれないし、いまとなっては避けられてもしょうがない、と思える。

とは言え、布施工業の連中もみんな気の良いやつらで、クラスのみんなが思うほど悪いやつでもない。
「いったん一緒に遊べば、悪い連中じゃないことを理解してもらえるのではないか?」

そこで僕はクラスの中で唯一仲が良かった「宮本くん」を誘ってみる事にした。
宮本くんは八尾から通っているので、布施はちょうど帰り道でもある。
そこで布施のセガワールドというゲームセンターに行く事にしたのである。
当時からセガワールドに溜まる事が多かったので、布施工業の連中も学校帰りにどんどん集まって来る。
そんな連中と一緒にゲームをしたり、宮本くんも楽しそうだ。

そこに血だらけの山下がやってきた。
山下は友達ではあるのだけど、高校に進学するでもなくブラブラ遊んでいるようなやつで、
びっくりした僕が「なぜ血だらけなのか」と問うと「返り血だから大丈夫」というよくわからない回答をした。
聞くところによると「電話の折り返しが無い」とかその程度の事で友達とケンカになり、
バットで頭をぶん殴ってきたらしい。当然宮本くんはドン引きしている。

そうすると今度は血だらけの広井が現れた。
広井はついさっき山下に金属バットでぶん殴られた当事者で、当然広井もまた血だらけである。

広井
「お前、やりすぎやって~~~!血は止まったけど下手したら死ぬやろが~!」

山下
「まあ、ええやんけ!文句あるんやったらまた頭カチ割ったるど!ハッハッハ!」

宮本くんが布施に来ることは二度となかった。

そして僕がクラスメイトになじむ事も二度となかった。

・ナイフで脅される

ちょっと時間もないので端折りますが、
普通に布施を歩いてるだけで「お前殺すぞコラ」ってナイフを突きつけられた事が二回くらいあります(内一回は車の助手席側からナイフが出てきた)


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)