寝具と寝室

寝具の選び方は?快眠しにくい夏・冬の寝具選び

ハウツー
ハウツーベッド・布団・枕・寝具寝具

快眠しにくい夏・冬の寝具の選び方

春と秋は寝床内気候(布団の中の温湿度環境)が比較的安定し、十分に睡眠を得やすい条件が整います。

一方、夏と冬は寝床内気候が不適切な環境になりやすく、良質な睡眠を確保しづらい季節です。寝床内気候を快適に保つためには、温度と湿度をコントロールすることが重要なポイント

その上で、季節によって寝具を使い分けることは欠かせないのです。

<夏の寝具選び>

掛け布団だけでなく敷き布団も夏用に

夏の快適な睡眠のためには、敷き布団を夏用に替えることが重要。シーツ類を麻や綿サッカーなど吸湿性が高く、通気性のよい素材に取り替えることをおすすめします。敷きパッドも同様に替えてみるのもよいでしょう。

また、フローリングに直に布団を敷く場合は、床に湿気が溜まりやすいので、フローリングと敷き布団の間にスノコなどを敷きましょう。通気をよくすることで、カビやダニの繁殖も防げます。

畳の上に布団を敷く場合、フローリングよりも湿気を吸うため、蒸し暑さを軽減できます。

通気性と吸湿性に優れたサマーピローに替える

夏は背中に負けず頭も蒸れやすくなります。そのため、枕には通気性や吸湿性の高い素材を選びましょう。吸湿性の高いソバ殻や中が空洞になっているパイプ素材などがおすすめです。

より涼しく眠りたい人は、蓄冷パッドを枕に入れる、表面がメッシュ素材のものを選ぶなど、枕にこだわると快適に眠れるでしょう。

ひんやりパジャマで涼しく眠る

半袖(ノースリーブ)と半パンツを基本に、袖口が広く通気性や吸湿性がいいものを選びましょう。また身体を締め付けず、ストレスのかからない肌触りがよい素材を選ぶこともポイントです。

生地は熱がこもりにくい麻や綿サッカーなど、吸湿性が高く、通気性のよい素材がおすすめです。特に暑い夜などは、綿など吸汗速乾素材のパジャマを選ぶとよいでしょう。

<冬の寝具選び>

羽毛布団の使い方で保温効果を上げる

掛け布団は軽くて保温性のある羽毛布団がおすすめです。ただ、毛布と併用するときには、毛布を羽毛布団の上にかけて使ってください。羽毛は体温を吸収して暖かくなるため、毛布の上に羽毛布団をかけると保温効果が半減してしまいます。

また、実は背中や腰も冷えやすいので、掛け布団だけでなく敷き布団も保温性のあるものに替えましょう。寒がりな人は羽毛パッドを敷いて寝るとより快適に眠れます。

重ね着のしすぎはNG

寒いからといってパジャマや下着を何枚も重ねて寝るのはおすすめしません。寝返りが打ちにくくなって、睡眠を妨げてしまうおそれがあります。

厚手のカーテンを使って外気をシャットアウトし、暖房を使って室温を18〜23度くらいに設定するなど、部屋自体を暖めてから寝るとよいでしょう。また、眠る前に入浴をして身体を温めてから寝るのも効果的です。

寝る前に寝具を温めておく

冬用の寝具を用意しても室内の気温が低ければヒヤッとして、交感神経が刺激されて眠りにくくなる場合があります。寝る前には、布団乾燥機や湯たんぽ、電気毛布などを使って温めておきましょう。

ただし、寝ている間もずっと温めるのは禁物。体温調節を狂わせたり肌を乾燥させたりするおそれがあります。湯たんぽのように自然に冷めるようなものにするか、電気毛布を使う場合には布団に入ったらスイッチを切るようにしましょう。

 

参考図書:
『応用講座 睡眠改善学』(ゆまに書房)監修/堀忠雄・白川修一郎・福田一彦 編/一般社団法人 日本睡眠改善協議会


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)