省エネしすぎで眠りベタ

7つのフミナータイプ

寝つきをよくする方法
<省エネしすぎのあなたに>

日中は、身体を動かしたり明るい環境で過ごしたりするのがおすすめです。活動と休息は表裏一体。日中に活発に過ごすことで、夜はぐっすりと眠ることができます。昼間の適度な疲れが、眠りへと誘ってくれるでしょう。

また、太陽の光は、身体のリズムを整え、朝と夜のメリハリをつくるのに役立ちます。

① 適度な運動習慣をもつ

日中の活動量を増やす努力をしましょう。もし運動が苦手なら、エレベーターやエスカレーターを使う機会を減らして、階段を使うようにしたり、通勤時に一駅分を歩いたりしてみましょう。

② 日中に光を浴びる

朝起きてから3時間以内に、毎日30分間を目安に明るい光の中で過ごしましょう。外へ出なくても窓際で過ごすことを意識しましょう。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)