睡眠時間の確保ベタ

7つのフミナータイプ

睡眠の量を増やして寝起きをよくする方法
<睡眠時間を削りがちなあなたに>

自分にあった睡眠時間を確保すれば、目覚めは今よりもよくなります。寝不足が続くようならコンパクトなお昼寝習慣をつくりましょう。

① 30分でも早く寝る努力を

脳が正常に働くことができるのは、起きてから13時間が限界です。忙しい人ほど睡眠時間を犠牲にしてはいけません。しっかり眠って作業効率を上げましょう。

② 短いお昼寝を習慣化する

寝不足であれば15分間以上は禁物です。脳をリフレッシュするためお昼の休憩時間を使って短時間の仮眠をしましょう。
横になったり、暗くしたりすると、長く寝すぎてしまうこともあるのであまりおすすめできません。仮眠の前にコーヒーなどのカフェイン含有飲料を飲むと、仮眠から目覚めた後、楽に仕事に戻れます。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)