生活の乱れで眠りベタ

7つのフミナータイプ

睡眠のリズムを整えて寝起きをよくする方法
<生活が乱れがちなあなたに>

睡眠の質がよくなれば目覚めもよくなるもの。まずは無理せず、決まった時刻に「何か」をする習慣を身につけ、睡眠の質をアップしましょう。

① 起床時刻を決める

起きる時刻を一定にすると、必然的に就寝時刻も一定になりやすい傾向があります。

② 食事のタイミングも規則正しく

身体の臓器にも時計があります。毎日決まった時刻に食事をすることで、身体のリズムを整えることができます。

③ 習慣的に運動する

運動は、就寝時刻の3~5時間前に30分間程度の有酸素運動をするのが効果的です。できるだけ、軽く楽しく長期間にわたり行うことがポイントです。週に3~4回を目指しましょう。


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)