睡眠

睡眠の役割とは?人間が睡眠を必要とする理由

基礎
キソ睡眠のメカニズム

睡眠とは

人生のうち3分の1の時間を費やす、睡眠。

毎日何気なく睡眠をとっている人も多いかもしれませんし、中には「寝るのは無駄な時間」と思っている人もいるでしょう。

しかし睡眠は、人が生きていくうえで欠かせないとても重要なものです。

「睡眠とは何なのか」「どうしたら眠らないで生活できるのか」という疑問をもつ人もいるでしょう。

しかし結論を言えば「現時点では正確なことは誰もわからない」なのです。

睡眠の研究はまだまだ歴史が浅く、今でもわからないことがたくさんある分野なのです。

睡眠の役割

「眠る」ということは、けっして人間だけの特別な行為ではなく、他の動物と同じ仕組みでできています。

哺乳類のような恒温動物は、内外からの情報を処理し、身体をうまく働かせるために大脳を発達させました。しかしこの大脳は、長時間働かせ続けると、膨大なエネルギーを消費してしまいます。

そこで、エネルギーの節約のために大脳を休息させる必要が出てきました。これが睡眠です。

高等な哺乳類にとって睡眠とは、身体が休むときに脳の活動をしっかり低下させることで、休養させるシステムなのです。

 

参考図書:
『睡眠のはなし』(中央公論新社)著/内山 真


※体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。
編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)