誰でもショートスリーパーになれる? 600人に伝えた「短眠メソッド」

誰でもショートスリーパーになれる? 600人に伝えた「短眠メソッド」

実は、テレビ番組『ためしてガッテン』に速読の達人として出演したことがきっかけで、一時期、速読の講師を務めていたという堀さん。ところが、自分の目指したい方向とは違うと思ってすぐにやめることに。その時に、ある生徒さんに言われた言葉が堀さんの次のステップを示すことになりました。

「『速読より気になっているのは堀さんの睡眠時間なんです。その短眠法を教えてもらえませんか?』と聞かれて。ニーズに応えて教えているうちに短眠メソッドが出来上がりました。これまでに受講生はおよそ600人。2カ月ぐらいで3時間睡眠を可能にするメソッドを教えています」

 

著書『できる人は超短眠!』に短眠の具体的なトレーニング方法が明かされていますが、最初に取り組むのは、「朝、同じ時間に目覚まし時計なしで起きること」と「日中の睡魔をコントロールできるようになること」

 

「夜2時間しか寝ていない状態で、退屈な講義を聞いたら眠くなってしまうかもしれませんが、ディズニーランドで楽しく遊ぶなら眠くならない。つまり、睡眠時間と睡魔の発生には必ずしも因果関係がないと考えています。例えば、満腹のとき、目が疲れている時などは睡魔が発生しやすくなります。睡魔に対処するコツは、睡魔が訪れるまでにその発生条件をつぶしておくこと。風邪と一緒で予防が大事なんです」

 

さらに、堀さんの短眠メソッドでは、睡眠時間を減らしていくと同時に、1日2回、眠くなる前に15分以下の仮眠をとることが推奨されています。

 

「仮眠も練習が必要です。これまでの受講生を見ると、みなさん何度か失敗しながら練習を続け、2週間ぐらいでできるようになっています。自分に合った方法とコツさえおさえれば、誰でも睡眠はコントロールできると思いますよ」

 

堀さんによればこの短眠メソッドの成功率は99%。ナルコレプシーという睡眠の病気だった数名の受講生を除き、全員がそれまでの睡眠時間から短眠を実現できたとのこと。また、「受講生のほぼ全員、健康診断の数値も良くなった」と言います。

次のページ:無理は禁物!目指すべきは自分でコントロールできる「自然な睡眠」

1 2 3 4