自律神経を整える方法を知り、今ではぐっすり8時間睡眠

自律神経を整える方法を知り、今ではぐっすり8時間睡眠

当時、篠田さんはインターネットなどで自分なりに睡眠について勉強。そうしてわかったのが、睡眠は自律神経のはたらきと深い関係にあるということでした。

 

「腕につける睡眠計測器で自分の睡眠状態を測定してみたら、8時間寝ていても実質30分しかちゃんと眠れていなかったんです。そうなる原因を調べていったら、自律神経が乱れているせいではないかと気づいたんですね。身体は寝ていても脳が起きている状態が続いていたんです」

 

自律神経の乱れとは、日中に脳や身体を動かすために緊張をもたらす交感神経と、睡眠中に脳や身体を休めるためにリラックスさせる副交感神経、その2つのはたらきのバランスが崩れている状態。そうなると人は不眠になってしまうそう。寝言が多かったのも、幽体離脱体験も、自律神経の乱れが原因だったと突きとめた篠田さんは、そこから日常的に自律神経を整えることを意識しはじめたそうです。

 

「自律神経を整えることを目的に、ジムに週3日通ってトレーニングをしています。家でもランニングマシーンを使っていて、早朝4時集合の仕事のときでも、3時ぐらいには起きて走り、本番中がベストコンディションの状態になるようにしています。自分の心拍数を測って、無理のない範囲を守って運動すれば、自律神経が乱れなくなるんですよ」

 

そんな努力を続けた結果、いつしか1日8時間ぐっすり眠れるようになったという篠田さん。今では仕事で一時的に生活のリズムが不規則になっても、すぐに睡眠のリズムを取り戻せるとのこと。

 

「正直言うと、3時間睡眠の生活は今でもやろうと思えばできると思うんです。徹夜も全然平気ですし。でも、3時間睡眠を続けていたら長生きできそうにないですよね(笑)。8時間睡眠にしてからは睡眠のリズムが整い、身体も心も落ち着いてきた気がします。やっぱり心身ともに健康に暮らすには、 快適に過ごせる“自分の波”を知り、生活のバランスを取ることが必要なんですね」

次のページ:30代を楽しむ! 篠田さん流の “快眠のコツ”とは?

1 2 3 4