「『プレッシャーで寝られない』が、僕には理解できない」

horie_03

堀江さんの場合、睡眠時間確保の秘訣は「余計なことに時間を使わない」という点にあるようです。しかし、それだけで快適な睡眠が保証されるものなのでしょうか。堀江さんに「プレッシャーで寝つけないことや、仕事のことが気になって寝られないことはありませんか」と尋ねてみたところ、意外な返事が。

 

「そういうことって、普通の人にはあるんですか? ベッドに入って、何を考えるんですか? 何か気になることがあって寝つけないというのが、僕にはわかりませんね

 

さらに聞いていくと、眠りの本質に関わるようなヒントが浮かび上がってきました。

 

「僕は、その日の課題はその日のうちにすべて解決しちゃうんです。悩まないんですよ。だって、決断すれば済む話ですから、悩む必要がないじゃないですか。AかBかで悩んでないで、まずは決めてしまえばいいわけで、『じゃあ、とりあえずAでいくか』と決めてから、僕は寝ますね」

 

AでもBでも、実はそんなに大した差はない、と堀江さん。それよりも、何も考えずに気持ちよく寝たほうがよっぽどいいと語ります。

 

「一日全力で活動していれば、肉体的に疲れて、どうしても眠くなりますよね。僕は寝つきがよく、眠れないということはほとんどありません。これは、昼間に全力で活動してることの表れだと思いますよ」

 

誰でも、悩みやストレスを抱えたまま寝たくないもの。堀江さんの場合、『失敗したな』と思ったら、お酒を飲んで、その日のうちにストレス発散して寝ちゃうそう。

 

「夜飲んで、LINEで暴言をブァーって吐いて、誰かにストレスをぶつけてから寝るわけです。で、翌朝、見返してみて、『ああ、悪いことしたなあ』と思って『ゴメンね』って言うと、『もうわかってるから』って返される。周りの人には、いい迷惑だと思いますけど(笑)」

 

昼間の活動中に眠気を持ち込みたくないから、睡眠時間をしっかりと確保するのが、堀江さんの流儀。反対に、昼間の活動のストレスや悩みといったモヤモヤしたものを眠りに持ち込まないことも、堀江さんのルールのようです。

最近、堀江さんが削った“必要ない”ものとは…

horie_04

しかし、堀江さんのやり方をそのまま真似できるかというと、ちょっと難しそう。堀江さんの時間の使い方の核心に迫ってみました。

 

「『Time is Money』という言葉がありますが、それは違うと思うんです。お金は増やすことができますが、時間は増やすことはできません。その意味で、時間こそまさしく有限のリソースで、『命そのもの』だと思ってます。だから、『Time is Money』ではなくて、『Time is Life』が正しいんです。『命そのもの』である限られた時間の中で、僕のやりたいことを実現するには、時間あたりの作業効率と判断のスピードを上げていくしかない。そのためには、目の前の一つ一つのものごとに最大限集中して取り組む、という方法しかないんですよね。僕は、仕事の質とはひとえに『集中力×時間』で決まるものだと思っています。このうち、時間は限られていて誰にも平等に与えられているわけですから、集中力の差が、結果的に仕事の質の差に表れるわけです」

 

「集中力」をいかに高めるかが、堀江さんの仕事術の核心にあったのですね。

 

「そのためには、ムダを徹底的に省く。僕は、2年くらい前からホテル住まいをしています。いま必要な持ちものといえば服くらい。家があるとどうしてもモノが増えちゃうんですよね。余計なものを削ることを考えたとき、『もう家もいらないかなあ』と思ったので、手放しました。そもそも、人間が定住をしたのは農耕生活を始めたからで、多くの現代人にとってそれは必要ないことなんです」

 

「集中するために、余計なことを削る」ことを突き詰めた堀江さんは、定住生活を捨てる代わりに機動力を手に入れ、仕事の質をさらに高めているようです。どこまでもムダを省くが、睡眠はしっかり取る。常識破りな堀江さんの活躍を支えているのは、実はとてもシンプルなルールでした。

【眠りの黄金法則】

  • 身の回りのムダを削り、密度の濃い活動と睡眠の時間に充てる
  • 1日最低でも6時間睡眠
  • 仕事に眠気は持ち込まない、眠りに仕事を持ち込まない

【ウィークデーの平均睡眠時間】

  • 6時間

【睡眠タイプ】

  • 徹底的に生活の“ムダ”を削ぎ、必要睡眠時間を確実にとるタイプ
堀江貴文
堀江貴文さん
1972年、福岡県生まれ。SNS株式会社ファウンダー。現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。HORIEMON.COMの人気コーナー「WITH」では『テクノロジーが世界を変える』をテーマに、各界のイノベーター達に自らがインタビュワーとなり取材したものを連載中。
有料メールマガジン「堀江貴文のブログでは言えない話」の読者は1万数千人の規模に。2014年8月には会員制のコミュニケーションサロン「堀江貴文サロン」をスタートした。近著に『逆転の仕事論』『我が闘争』など。
Twitterアカウント:@takapon_jp
その他、詳細は HORIEMON.COM へ。

 

==== 編集部が1記事ずつ選んだオススメ記事 ====

【ラーメン評論家・石神秀幸】睡眠時間は1日12時間!好きなことだけやる生活

→ラーメン評論家の第一人者、石神秀幸さんに睡眠事情を伺いました。なんと1日12時間も眠るという石神さんの”好きなことだけやる”夢のような生活とは?

ショートスリーパー600人育成! 堀大輔流“1日45分の超短眠法”とは

→1日平均“45分睡眠”という超ショートスリーパーの堀大輔さんに、睡眠事情を伺いました。「超短眠だからこそ得られたものがある」という堀さんの理想の睡眠から、睡眠の意味を改めて考えることができそうです。

お坊さんに聞く! 睡眠時間が短くても幸せになれる、修行の極意とは?

→早起きの職業の代表格ともいえるお坊さんに、早起きの秘密と独特の睡眠事情を伺いました。「睡眠時間が短くても幸せになれる」「朝を制する者は1日を制する」というお坊さんならではの修行の極意とは?

「たくさん寝たかったので、会社を辞めました」 phaさんに聞くニートの睡眠事情

→”京都大学卒業の肩書を持つニート”として一躍有名になったphaさんに、睡眠事情を伺いました。仕事にもお金にも執着しないphaさんがこだわる睡眠とは?

【愛沢えみりさん】歌舞伎町No.1キャバ嬢から社長へ。成功を支える睡眠リズムとは?

→伝説と言われた元歌舞伎町No.1キャバ嬢、愛沢えみりさんの睡眠事情を伺いました。キャバクラで働きながらも、完全な夜型から朝型にシフトした方法、そして、できるビジネスマンの共通項とは?

1 2
  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。