僕は中3です。夏休みに入り、勉強を日中にやって、夜は音楽を聴いていたのでいつもより寝る時間が遅くなっていたんです。そんな生活を続けていたら二時以降までねむりたくても眠れないというのが続いています。寝る時間が遅いので当然起きる時間も10時頃になってしまいます。どうすればいいんでしょうか

睡眠改善インストラクターより

2017.8.21

このはさん、学校がお休みに入り、起床時間に縛られなくなるとつい時間を忘れて夜の時間を楽しみ夜更かししてしまいますよね。

一般的に、人は早起きよりも夜更かしの方が得意な方が多いと言われています。

元の生活リズムに戻すには時間を要するため、少しずつ早めていくことを心掛けましょう。

早起きのコツについてご紹介します。

◆15分早く起きて朝ごはんを食べる
無理に寝ようとしても良い睡眠は得られません。

起床時間を早める生活を続けていれば、自然と眠くなる時間も早まります。

早起き早寝の順で取り組んでみてください。

この時、極端な早起きに切り替えようとしても長続きしません。
1週間に15分ずつ等、無理のないペースで少しずつ早めていきましょう。

起床後は、太陽の光を浴びて朝ごはんを食べると目覚めのスイッチが入ります。

◆眠る前の過ごし方を見直す
眠る前はリラックスすることが大切です。

就寝1〜2時間前に入浴を済ませておくこと。

そして、就寝30分〜1時間前には、音楽の音量や照明の強さを調節し、穏やかに過ごすように心掛けてください。

スマホやテレビの利用も避けた方が良いでしょう。

リズムが整ってくれば、夜に自然な眠気がおこり、眠りの質も上がっていきます。

ぜひ夏休み中に快眠を手に入れてくださいね。

フミナーズ編集部
睡眠改善インストラクター 菅原奈緒子

この回答は参考になりましたか?
  • はい
  • いいえ
  • ご意見ありがとうございました。

睡眠に関するお悩みに、眠りのプロが答えます。