アスリートならではの理由で不眠になることもあります。

アスリートにとって、夜間に質の良い睡眠をとることは、競技パフォーマンスを維持するための重要な体調管理のひとつです。
しかし、激しいトレーニングを継続することで、自律神経のバランスが崩れ、睡眠中にも交感神経が優位な状態が続き、睡眠の質が低下する場合もあります。また、大会前などには精神的なストレスを感じて眠れなくなることもあります。精神的なストレスに対しては、好きな音楽を聴く、アロマオイルを使用する、入浴やマッサージをするなど、就寝前に心身ともにリラックスすることで、睡眠に適した体内環境を整え、入眠を促進することが期待できます。

運動不足は睡眠にとってどんな影響がありますか?

監修:山仲勇二郎先生
北海道大学大学院 医学研究科 生体機能学専攻 生理学講座 助教。主な研究分野は、環境生理学、時間生物学、睡眠科学。日本時間生物学会評議員、日本生理学会評議員。環境生理学グループ久野寧記念賞(2012年)、日本時間生物学会学術奨励賞(2014年)。国内唯一の時間隔離実験室を使用し、ヒトの生物時計を対象とした時間生物学研究に従事している。主な著書に『体内時計の科学と産業応用(株式会社シナジー 2012年)』、『からだと温度の事典(朝倉書店 2010年)』など。
  • 本ページ内の医療従事者や専門家による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。