布団に入る前に身体を温め、血流をよくしておきましょう。

入浴時、湯船に浸かってしっかり身体を温めたら、さらに10分程度、手湯や足湯をすると、全身がより温まります。布団にはあらかじめ湯たんぽを入れておくと、布団の冷たさを和らげてくれます。
また、入浴後1時間以内に寝るようにすれば、身体が温まっている状態なので寒さを感じずによく眠れます。
そのほか、冬は部屋を加湿しておくと、気温の低さを湿度でカバーできます。

寒くてなかなか寝つけません。

監修:塚島早紀子さん
快眠ナビゲーター、睡眠改善インストラクター、おひるねカフェcorne(コロネ)店長。2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ、2013年、ねむログ運営の女性のための「おひるねカフェcorne(コロネ)」をオープン。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。
  • 本ページ内の医療従事者や専門家による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。