空気を循環させ、部屋全体を冷やしましょう。

ロフトベッドやロフトなど、高いところでは、熱がこもって寝苦しく感じます。そんなときは、帰宅した時にクローゼットなどを全て開け放し、部屋中のこもった熱気を外に出してから冷房をつけてください。

そのほか、カーテンを遮熱タイプにして室内の気温上昇を抑えたり、寝る場所に光が当たりにくいよう工夫したりするのも効果的です。部屋全体の空気を循環させるには、シーリングファンを天井に取り付け、エアコンと併用するのがよいでしょう。

夏、暑くてよく眠れません。対策はありますか。

監修:塚島早紀子さん
快眠ナビゲーター、睡眠改善インストラクター、おひるねカフェcorne(コロネ)店長。2006年、睡眠を記録できるサイト「ねむログ」を立ち上げ、2013年、ねむログ運営の女性のための「おひるねカフェcorne(コロネ)」をオープン。睡眠に関わる美と健康についてTwitter、Facebook他、さまざまなメディアで情報を発信し、働き女子が楽しく取り入れられる快眠レシピを日々研究中。睡眠に関する記事を執筆するほか、講演なども積極的に行っている。
  • 本ページ内の医療従事者や専門家による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。