慣れない新生活、ちゃんと眠れてる? 眠れないときに、みんなが試していること TOP10

 

入社したばかりの新社会人や、転勤、部署異動など、慣れない新生活がスタートしたという方も多いこの時期、環境の変化が原因で、眠れなくなってしまっている人もいるのでは? そんなときに、「これをすると必ず眠れる!」という方法が見つかれば、とても心強いですよね?

 

そこで「フミナーズ」では、20代~30代の男女222名に「眠れないときの対策」についてアンケート調査を敢行しました。まずは、みなさんが、「どんなときに眠れなくなるのか」から見ていきましょう。

 

Q.どんなときに眠れないことが多いですか? 一番当てはまるものを選んでください。

 

  • 1位 「眠れない」ことがない   21.2
  • 2位 明日、人生を左右する大事な面接がある   18.9
  • 3位 昼間寝過ぎた…   17.1
  • 4位 旅行などのイベントが楽しみでしょうがない   12.2
  • 4位 布団の中の温度が、なんか合わない   12.2
  • 6位 いつも眠れない   10.8
  • 7位 彼氏(彼女/または好きな人)からLINEの返事が遅くて不安…   5.0
  • 8位 その他   2.7

※小数点第2位以下を四捨五入して集計

 

1位は「『眠れない』ことがない」(21.2%)という意外な結果でしたが、逆を返せば約8割の人が「眠れないことがある」ということに。大きく分けると、「ドキドキして眠れない」という心理的なものと、「寝過ぎて眠れない」「布団の温度が合わない」などの身体的な理由があるようです。

 

筆者は、最初の転職でひとり暮らしを始めたときに、「これから毎日やりたいことができるんだ」という高揚感と、購入したばかりの布団がしっくりこない心地悪さで、毎日4時間程度しか眠れなかった思い出が…。

 

では、みなさんは「どうしても眠れないとき」に、どんなことをしているのでしょうか?

 

Q.眠れないとき、ついとってしまう行動  TOP10

 

    • 1位 眠くなるまでじっと待つ   29.8%
    • 2位 スマホでWEBニュースをだらだら読みふける   15.2%
    • 3位 ゲームをする   13.2%
    • 4位 お酒を飲む   11.3%
    • 5位 深夜テレビを観はじめる   10.6%
    • 6位 試しに羊を数えてみる   4.0%
      • 6位 睡眠導入剤(市販薬)を飲んで解決   4.0%
      • 8位 ラジオをつけてみる 2.6
      • 8位 夜風にあたる 2.6
      • 8位 楽しいことを想像してにやにやする 2.6

 

1位は、2位以下を大きく引き離して「眠くなるまでじっと待つ」(29.8%)という回答でした。残りの7割は、眠るために、または眠るのをあきらめて、何らかの行動をとっているようです。

 

気になったので、さらに詳しく「やってみたら眠れた」または「やってみたけれど眠れなかった」というエピソードについて聞いてみたところ、以下のような回答が。

 

【眠れた例】

  • • 深夜ラジオをかけたみたら、もの凄くつまらない放送だったので、意外と早く眠れた。あと、ホットカルピスを飲むと意外と眠れる。
  • • ホットミルクを飲むと寝られる。
  • • 眠気がこないので、小説を読んでいたら、文字しかないので眠くなった。
  • • いぼいぼボールで手のひらをマッサージすると、よく眠れる。

 

【眠れなかった例】

  • • ホットミルクを飲んだら、火傷して痛くて寝られなくなった。
  • • 羊の数を数えたら、余計目が覚めた。
  • • 疲れると眠れると聞いたので、自転車を漕ぎ回ったが、神経も活発になって寝ようとしてもまったく眠れなかった。
  • • 興味のなかった大河ドラマを観れば眠くなると思ったが、逆にはまってしまった。
  • • 眠れないのでテレビをつけていたら、番組内容に腹が立って眠れなくなった

 

みなさん、いろんなことを試されているようです。「眠れた」にも「眠れなかった」にも入っているホットミルクは、飲み方に注意した方がよさそうですね(笑)。

 

また「羊を数える」は、眠気を誘うために行う定番の行動と思っていましたが、「試したけど眠れなかった」という声が多く、ランキングでも6位と、順位が低いものでした。

「羊を数える」のって効果がないのでしょうか……?

 

調べてみると、この「羊を数える」という方法、そのルーツには諸説ありますが、もともとは英語圏が発祥とのこと。

sheep(羊)」を数えるうちに、「sheep(羊)」が「sleep(眠る)」になって、いつの間にか眠ってしまう…という意味があるそうです。と考えると、日本語では、実はあまり意味がないのかも(笑)。でも、「羊を数えたら眠れた」という声も、少数ながらあったので、人それぞれに適した方法があるのかもしれませんね。

 

まだその方法が見つかってないというあなた、この記事の中から、いくつか試してみるのはいかがでしょう?
新生活がはじまったばかりで遅刻なんてできない! 絶対に寝坊できないときに、みんなが試していることランキング
学生気分のまま続けてない? 新社会人のスタートダッシュは、眠る前の“アレ”を止めるのがカギ

 

写真:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)