あなたの枕は、本当に身体に合っていますか?
 
枕が自分の身体に合っていないと、熟睡できないどころか首や肩を痛めてしまうことも。もし今、「寝ても寝ても疲れがとれない」という状態だとしたら、枕が身体に合っていない可能性もあります。
そのまま放っておくと、ぐっすり眠れない毎日が積み重なり、疲労をため続けることにもなるかもしれません。
 
そこで今回は安眠枕の選び方と、おすすめの安眠枕をご紹介します。自分に本当に合う枕を見つけて、安眠を勝ち取りましょう。

いつでもどこでもスヤスヤ!上質な眠りをつくる安眠枕10選

1.合わない枕を使い続けることで起こる身体への悪影響

枕について、改めて考える機会はあまりないはず。どこかしっくりきていない枕でも「まあ、こんなものかな」と思いがちです。
しかし、身体に合わない枕を使い続けることで、以下のような悪影響があります。

(1)寝ても寝ても眠い

人は一晩に20〜30回程度の寝返りをうちますが、これをいかにスムーズに行えるかが熟睡の鍵。寝返りには、身体のゆがみをとったり、眠っている間の温度調節をしたりする大事な役割があります。
合わない枕を使っていると、寝返りがうちにくくなるため、浅い眠りにつながります。

(2)肩こり・頭痛など身体に痛みを生じる

高さが高すぎる枕は、就寝中の頚椎を歪めてしまうため肩こりや首こりの原因になります。さらに脳に血液がまわりづらくなり、頭痛につながることも。また、高すぎ低すぎは首や肩の痛みだけではなく、腰痛をも招きます。

(3)身体が重くだるさを感じる

眠りが浅くなるため、日中に身体のだるさを感じるようになります。昼間のパフォーマンスが低下し、残業が多くなって睡眠時間を削るしかない……という負のループに陥ることも。

(4)いびきをかくようになる

高すぎる枕は、いびきにもつながります。顎が引けた状態になると、上気道が狭くなりやすくなるので、空気が通る際に摩擦音が生じていびきが発生します。

2.3つのポイントを押さえるだけ!安眠枕の選び方

ただの枕と思いがちですが、安眠のために枕はとても重要。前述の通り、合わない枕は意外な悪影響を生み出してしまいます。
そこで、安眠枕を選ぶときのポイントを3つに絞ってご紹介します。

(1)安眠できる素材を選ぶ

枕は素材によってメリット・デメリットがあります。それらを知った上で、自分に合った素材を選ぶことが大切です。

低反発ウレタン枕(通気性:×,価格:△,耐久性:△)

▶押すとよく沈む低反発ウレタンは、頭をしっかり支えてくれるものの、通気性があまり良くない素材。

高反発枕(通気性:○,価格:×,耐久性:○)

▶弾力があり寝返りをうちやすいが、水洗いができず、価格もやや高価。

羽毛枕(通気性:○,価格:○,耐久性:△)

▶羽毛の質感が柔らかく、通気性に優れているが、柔らかさゆえ頭を支える力が弱いと感じることも。

ポリエステルわた枕(通気性:○,価格:◎,耐久性:△)

▶ふわふわと弾力性のある素材だが、へたりやすく安定感が少ない場合も。価格は安価。

(2)安眠できる高さを選ぶ

枕の最適な高さは人によって異なりますが、理想は、仰向けに寝ていても立っているときと同じ姿勢になる高さです。枕に頭を乗せたとき、喉や首筋に圧迫感がないかを確認しましょう。
また、首の角度が15度くらいになる高さがおすすめ。首まわりの筋肉がゆるんでリラックスすることができます。
仰向けで眠る人も、眠っている間には寝返りをうつので、横向きになった姿勢でも身体に違和感がないかも、併せてチェックしましょう。

(3)安眠できる構造を選ぶ

枕の構造で選ぶことも大切。以下4点を満たすものがベストです。寝返りがうちやすいことも、安眠を導くポイントです。

  • 適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 表面が平らで寝返りを打ちやすい
  • 50cm~60cmほどの幅で、寝返りをうっても頭がはみださない
  • 適度な重さがあり、寝返りをうってもずれない

【番外編】ストレートネックの方の枕の選び方

「ストレートネック」とは、頚椎の前湾角度が30度以下の状態のこと。首になんらかの問題がある場合は、低反発ウレタンや羽根の柔らかい枕ではなく、頭をしっかりと固定できる薄めの枕を選びましょう。

3.編集部オススメの安眠枕10選

自分に合わない枕を使い続けることが、不眠の原因になる可能性があることがおわかりいただけたでしょうか?そこで、以下の基準を満たしたオススメの安眠枕を編集部が独自にピックアップしてご紹介します。ぜひ枕選びの参考にしてみて下さい。

  • 適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 表面が平らで寝返りを打ちやすい
  • 50cm~60cmほどの幅で、寝返りを打っても頭がはみださない
  • 適度な重さがあり、寝返りを打ってもずれない

自分に合った枕を見つけ、毎日の眠りを快適なものに変えていきましょう(以下、価格は参考価格)。

ASIKA 快眠枕 38,000円

《特徴》

  • 長さ58cm、幅36cm、厚み11cm
  • 表面が平らで、寝返りを打っても頭が乱れない
  • 適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 安眠はもちろん、いびき防止、肩こり解消にも効果がある

《編集部より》

ゆっくりと沈み込むため、頭の位置を決めやすく首や肩へのストレスを大幅に軽減できます。安眠はもちろん、いびき防止、肩こり解消にも効果があります。また体圧を均等に吸収・分散してくれるため、熱がこもることもなく、通気性は抜群。寝返りもスムーズにうつことができます。
 
不眠に悩む方はもちろん、体調に気を使う方にもオススメしたい高機能枕です。
 
AmazonでASIKA 快眠枕を購入する。

東京西川 医師がすすめる健康枕 5,400円

《特徴》

  • 長さ56cm、幅38cm(選ぶ枕の種類により、大きさは異なる)
  • 適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 枕が合わず首が疲れる、枕が硬くて痛く感じる、肩こりがひどいなど、幅広いニーズに対応
  • 健康のプロとして肩こりや首痛の相談を受けてきた医学博士と共同開発した快眠枕

《編集部より》

医師がすすめる健康枕シリーズは、子供から大人まで幅広いニーズに合わせて5種類の枕が作られています。健康のプロとして肩こりや首痛の相談を受けてきた医学博士と共同開発された快眠枕です。
 
正しい寝姿勢を実現し、後頭部と首、肩を支えます。肩口は、フィットしやすいアーチ型形状。詰めものには通気性・弾力性に優れ、消臭加工を施した衛生パイプを使用しています。またパイプの抜き差しにより、自分の好みに枕の高さを調節出来るのが特長です。両サイドにマチがついており、横向き寝時の高さも安定するため、スムーズな寝返りができます。
 
Amazonで東京西川 医師がすすめる健康枕を購入する。

TDP ヘッドアイシング プレミアム 高反発 19,800円

《特徴》

  • 長さ60cm、幅37,5cm
  • 低反発とは違うなめらかで柔軟性のある素材で適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 表面が平らで寝る体勢を問わないため、寝返りがスムーズにできる
  • ジェル・ソフトウレタン素材でひんやりを実感できるため、夏場にオススメ

《編集部より》

低反発とは違う、滑らかな柔軟性のある素材を使用している高反発枕。沈みが固定されないので身体にしっかりとフィットしてくれます。寝る姿勢を問わず、心地よいホールド感があります。ジェル・ソフトウレタン素材でひんやりを実感できるため、夏場の暑い時期には特にオススメです。
 
AmazonでTDP ヘッドアイシング プレミアム 高反発を購入する。

西川リビング マシュピロ低反発 チップピロー 2,207円

《特徴》

  • 長さ50cm、幅35cm
  • ほど良いやわらかさとしっかりとした弾力性を持ち合わせているので、適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 表面が平らで寝る体勢を問わないため、寝返りがスムーズにできる
  • 中の素材にあるウレタンはオープンセル構造になっており、ムレにくく通気性抜群

《編集部より》

ゆっくりと沈み込み、仰向け寝、横向き寝、どちらでも頭の形に優しくフィットします。
マシュマロのような低反発素材のウレタンを使用しているため、柔らかさを保ちつつ、しっかりと頭を支えてくれるので、睡眠時の肩や首の負担を軽減してくれます。通気性も抜群です。S、Mと2種類のサイズが選べますが、Sがオススメです。
 
Amazonで西川リビング マシュピロ低反発 チップピローを購入する。

airweaveピロースタンダード 14,904円

《特徴》

  • 長さ56cm、幅40cm、厚さ7〜11cm
  • 適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 中のシートを抜くことで自分好みに枕の高さを調整できる
  • 表面が平らなので、寝返りがスムーズに

《編集部より》

頭をしっかりホールドしてくれるので、安定した寝姿勢を保つことができます。首にフィットする部分の高さを調整できることがポイント。さまざまな体格や、お使いのマットレスの硬さなどに合わせて、心地良いフィット感を実現できるのが魅力です。
 
Amazonでairweaveピロースタンダードを購入する。

Mkicesky 低反発健康枕 4,980円

《特徴》

  • 長さ60cm、幅36cm、厚さ15cm
  • 適度な硬さがあり、頭が沈み込みすぎない
  • 曲線の設計により寝返りがスムーズに打てる
  • いびきの改善に効果的である横向き寝はもちろん、仰向け寝、うつぶせ寝、などの幅広い寝姿勢に対応

《編集部より》

首や肩のカーブに優しくフィットし、頚椎を効果的にサポートします。首痛や肩こりの軽減に役立ちます。仰向け寝、横向き寝、うつぶせ寝などの寝姿勢でも快適な睡眠をとることができます。曲線の設計で寝返りがスムーズにできることにより、眠りの質を高めます。
 
AmazonでMkicesky 低反発健康枕を購入する。

Mkicesky 至福の眠り 低反発チップまくら 3,580円

《特徴》

  • 長さ59cm、幅40cm
  • 特許の技術で頭・首・肩の3点をしっかり支える低反発チップ枕
  • 通気性に優れた低反発ウレタンチップを採用
  • 表面が平らなため、寝返りがスムーズに
  • 適度な硬さがあり、頭が沈みこまない

《編集部より》

いびき・無呼吸症候群の改善に工夫されたヘルスケア枕です。真ん中の部分が周りより低いデザインで、寝姿勢を安定させ、頚椎を優しく保護します。両側の少し高くなっている部分が頚椎を無理なくサポートし、理想的な眠りを取ることができます。
 
AmazonでMkicesky 至福の眠り 低反発チップまくらを購入する。

TAMPOR 頸椎首頭をやさしく支える健康 4,150円

《特徴》

  • 長さ60cm、幅40cm
  • 表面が平らで寝返りが打ちやすいのが特徴
  • 適度な硬さで身体の形にゆっくり沈み、体圧を均一に吸収、分散させるため、頭が沈み込まない
  • 嬉しい5年品質保証つき

《編集部より》

枕に頭を乗せると、体型に合わせて沈み込み元に戻ろうとする回復力が働き、適切な高さで頭をしっかりと支えてくれます。寝返りが打ちやすい大きさに設計されており、表面が平らなため、スムーズな寝返りが実現します。
カバーは洗濯機で丸洗い可能。肌触りの優しい綿とポリエステル素材を使用しており、しっかり汗を吸収してくれます。嬉しい5年品質保証つきです。
 
AmazonでTAMPOR 頸椎首頭をやさしく支える健康を購入する。

アイリスオーヤマ 枕 匠眠 2,926円

《特徴》

  • 長さ56cm、幅37cm
  • 表面が平らで寝返りが打ちやすいのが特徴
  • 適度な硬さで、頭が沈み込まない
  • 好みに合わせて枕の高さが調整できる他、自宅で手洗いも可能なので、いつでも清潔

《編集部より》

中材のつぶわたがふっくらと柔らかく優しい寝心地の枕です。10㎜の高さ調整シートが2枚ついており、シートの抜き差しで3段階の高さから選ぶことが出来ます。
また、肩口フィット形状で頸椎もしっかり支え、体圧を均等に分散させてくれます。両サイドが少し高めの形状で作られているので、横向き寝にも対応します。いつでも清潔に保てるように、自宅で丸洗いができます。(※高さ調整シートは洗濯不可)
 
Amazonでアイリスオーヤマ 枕 匠眠を購入する。

ねむりっち 3Dエアーファイバー枕 5,800円

《特徴》

  • 長さ50cm、幅30cm、高さ6cm(低部分)〜8cm(高部分)
  • 高反発枕、3Dエアーファイバー枕、枕カバー付
  • 消臭・抗菌・防カビ機能を備えた通気性のあるメッシュ素材
  • 適度な硬さで、頭が沈み込まない
  • 適度な反発力で寝返りのサポートに優れている

《編集部より》

日本製の中材に高反発・高弾性・高通気性の3Dエアーファイバーを使用した枕です。適度な反発力があり弾力性があるのが特徴です。また、消臭・抗菌・防カビ機能を備えた通気性のあるメッシュ素材を使用しており、常に枕を清潔に保てます。また、他の枕にはない適度な反発力でスムーズな寝返りをサポートします。
 
Amazonでねむりっち 3Dエアーファイバー枕を購入する。

4.予算が合わないあなたに!安眠枕を手作りする2つのテクニック

枕を変える必要があるのは分かったけど、買い替えるお金がない!という方もいるかもしれません。そんなときは、お金をかけずに安眠枕を手作りしてみるのも1つの手です。

(1)座布団とバスタオルの安眠枕

安眠枕は角度が大事。硬めの座布団の上にバスタオルを乗せて、15度の高さになるよう調節すれば、即席の安眠枕が出来上がり。座布団の端とバスタオルの端をしっかり合わせ、首に当たる部分を直角にするのがポイントです。

(2)大判のバスタオルだけで作る「タオル枕」

大きめのバスタオルを細長く半分に折り、それをZ型に折りたたんでいきます。横に寝たときに顔の中心と体の中心が一直線になる高さになれば、「タオル枕」として使用できます

5.まとめ

自分に合わない枕を使っていると睡眠の質が下がるだけではなく、不眠から重い病気へ発展する恐れがあります。「たかが枕」と思わず、自分の枕が身体に合っているのかどうか、しっかり見直しましょう。
 
そして、枕を選ぶときに注意すべきなのは素材・高さ・構造。毎日使うものですから、可能であれば、実際に試してから購入するのがベストです。寝具売り場などで自分に合う枕の高さを測ってくれることもあるので、うまく活用しましょう。
自分に合った寝返りがうちやすい枕を選べば、明日からの目覚めが少し変わるかもしれませんよ。
 
監修:三橋美穂(快眠セラピスト)
 
※本コンテンツでご紹介している商品は、安眠枕に関する監修者の解説の下、編集部でピックアップしました。

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)