ヒートショックを防いでぽかぽか! 安全・快適な快眠入浴法

家の中の急激な温度差がもたらす「ヒートショック」は、命を脅かすことにもつながりかねません。寒い冬に特に気をつけたい家の中での温度変化と、ヒートショックへの対策、快眠するための入浴方法についてご紹介します。

日本の入浴方法とも関係が。ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急激な温度の変化によって身体がダメージを受けることです。家の中では、暖かい居間から寒いトイレや浴室に入ったときに起きやすくなります。入浴の場合、寒い脱衣場で裸になると、血圧が急上昇します。浴室に入って熱い湯につかると、さらに血圧が上がります。ぬるめのお湯では逆に、血管が開いて血圧が急に下がってしまいます。このように、血圧が急に上がったり下がったりすると、血管に負担がかかって心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まります。また、入浴中に血圧が下がりすぎて意識を失うと、そのまま溺れて死ぬこともあります。
 
厚生労働省の調査によると、平成26年の家庭の浴槽での溺死者は4,866人で、平成16年と比べて1.7倍に増えています。このうち約9割が65歳以上の高齢者でした。また、救急車で運ばれた患者数から推計すると、入浴中の事故死は年間約1,900人と考えられます。入浴中の事故は冬に多く、12月~2月に全体の約半数が発生しています。さらに、入浴中の事故の多くは浴槽内で起こっています。これは熱い湯に肩までつかるという日本人が好む入浴方法が、原因の一つとみられています。

ヒートショックの予防・対策5つのポイント

消費者庁では、安全に入浴するための注意点を5つ挙げています。

1.入浴前に脱衣所や浴室を暖める

温度変化を少なくするために脱衣所や浴室に暖房器具を入れたり、お湯を浴槽に張るときにシャワーから給湯したりしましょう。お湯が沸いたら、よくかき混ぜてふたを開けたままにしておくと、湯気がたくさん出て浴室全体が暖まります。

2.湯温は 41 度以下、湯につかる時間は 10 分までを目安にする

熱いお湯に長くつかっていると、事故のリスクが高まります。お湯の温度は41度以下を目安にしましょう。浴槽につかる時間も、10分以内にとどめておきましょう。半身浴は全身浴に比べて、心臓への負担が少なくなります。しかし、お湯に長くつかっていると体温が上がりすぎることがあるので、注意が必要です。

3.浴槽から急に立ち上がらない

お湯の中では身体に水圧がかかっています。そのため、身体の表面近くの血管がつぶれて血管の中の血液が押し出され、血圧が上がります。その状態から急に立ち上がると、つぶれていた皮膚の血管が開いて血圧が一気に下がり、脳貧血になって意識を失います。それを防ぐため、浴槽を出るときは、何かにつかまりながらゆっくりと立ち上がりましょう

4.アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控える

アルコールをとると血管が開いて血圧が下がるため、しらふの時に比べてヒートショックを起こしやすくなります。また、若い人に比べて高齢者では、食後に血圧が下がりやすい(食後低血圧)ので、失神しやすくなります。そのため、飲酒や食事のあとすぐ入浴するのは避けましょう。

5.入浴する前に同居者に一声かけて、見回ってもらう

もし、ヒートショックが起きたら、一刻も早く処置することが大切です。そのため、入浴前に同居者に一言声をかけ、入浴時間がいつもより長いときには様子を見に来てもらいましょう。一人暮らしの方は、ヒートショックを起こしたときに早く見つけてもらえる可能性が高い、公衆浴場での入浴も考えたほうが良いこともあります。

快眠のための入浴法

脳や内臓などの温度「深部体温」は、1日のうちに1.5度ほど上下します。朝、目覚める少し前に最低になった深部体温は、そのあと上昇し、夕方から夜の早い時間に最高になります。その後、深部体温が下がるとともに眠気が強くなり、寝ついてからも深部体温は下がり続けます。深部体温が上がるときや高いときには覚醒度が高く、深部体温が下がるときや低いときに眠気が強くなります
 
入浴すると、一時的に深部体温が上がり、皮膚の温度「皮膚温」も上がって血管が開きます。お風呂から上がると、脳や内臓にたまった熱が血液によって手足に運ばれ放熱されます。すると、深部体温が下がって眠気が強くなります。
 
快眠のためには、眠りにつく予定の1~2時間前に入浴することが勧められています。季節や室温などによってこの時間が変わりますので、お風呂から上がって汗が引いたころに寝床に入るのが、ちょうど良いタイミングと覚えてください。
 
ラベンダーやプチグレン、ローズ・オットー、ベルガモット、ローマンカモミールなどのアロマバスもおすすめです。お風呂のお湯に精油を数滴くわえると、アロマバスが楽しめます。精油はお湯の表面に浮きやすいので、よくかき混ぜるとよいでしょう。浴室の床の隅に精油を数滴たらしておいても、入浴中に心地よい香りが立ち上ります。

photo:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)