beer

こんにちは。日本美腸協会の代表理事 小野咲です。年末から年始も毎日、お酒を飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。特に男性の方は飲んだ翌日は便が緩くなりやすいという方が多いです。男性のお客様でも、「仕方ない」と思っている方も多いのが実際です。
 
でも実は、腸は「第二の脳」といわれるほど、神経細胞がたくさん集まっている器官。免疫力や気分・感情にも影響すると言われていることから、腸を良い状態に保つことはとても重要です。
 
普段から飲まない方、普段でもアルコールを飲む習慣がある方でお腹が緩くなりやすいという方は必見です。お酒との自分らしい付き合い方を知り、一つでも実践してみてください。胃腸は皆様の心がけ一つで、楽しい食事へ変えてくれますよ。

お酒を飲むと下痢になる4つの理由

お酒を飲むと下痢になる理由はいくつかあります。普段の皆様の飲み方をイメージしながら対策を考えてみてください。便秘でなくて、下痢だから大丈夫と思っていませんか? 本当は下痢のほうが身体への負担は大きいので、注意が必要ですよ。

1.大量の水分摂取

約ジョッキ3杯以上で下痢になっているという方は、水分摂取量が多く、摂取した水分を吸収できずに下痢になっている可能性が高いです。アルコールは唯一、胃で吸収されます。そのため、通常水をジョッキ3杯飲むことは困難でも、お酒だと数時間のうちに飲むことが出来るのです。
 
また、アルコールによって感覚も鈍くなっており、お腹の中の水分をコントロールできないケースも多々あります。単純に水分の摂取量が多く、下痢になっているケースが一つ目です。

2.胃腸の動きが低下

アルコールが胃腸の粘膜を刺激することで、小腸での吸収障害が起こり下痢となってしまうケース。アルコールも香辛料などと同じで胃腸にとっては刺激物であり、胃腸の粘膜に傷をつけてしまうことになりかねません
 
さらに、腸の動きが弱くなると、腸の壁が水分を含み、腸がむくむ原因にもなります。腸がむくむとより動きも悪くなり、蠕動運動が弱くなります。その結果、腸の中をただ通り抜けるようにアルコールや水分、更にご飯やおかずなどもそのまま通過し、下痢になってしまいます。

3.消化液である胆汁の分泌が低下

アルコールの分解は、肝臓が行ってくれます。しかし、肝臓にばかり負担をかけると本来の肝臓の仕事である胆汁を生成することが出来なくなります。胆汁は、十二指腸で膵液と混ざることでたんぱく質や脂肪を分解して、小腸で吸収しやすい状態にしてくれる役割を持っています。したがって、アルコールの過剰摂取によって肝臓の働きが低下することで、小腸で消化できなくなり、下痢になる場合もあります

4.冷え

以前「冷え」がお腹の不調を加速することをご紹介しましたが、冷たいアルコールを飲むことで、消化管が冷えて、下痢になることもあります。アルコールに加えて、冷たい刺激は胃腸にとってかなりの負担と言えます。

腸に負担をかけないアルコールとの付き合い方

アルコールの身体への負担ばかりご紹介してきましたが、お酒の席ではコミュニケーションが弾んだり、人間関係が深まったり、楽しい時間が過ごせることも確か。腸に負担をかけない付き合い方ができれば、メリットを最大限に享受できます。

1.姿勢よくお酒を飲む

アルコールだけに限ったことではありませんが、飲み会の席でつい姿勢が悪くなり、猫背になっている方を多く見かけます。誰でも簡単に消化を促進し、胃腸の血流をあげる方法は、「姿勢」。背筋を伸ばし、お腹の力を意識するだけで胃腸の血流が上がってきます。

2.一口のアルコールの量をコントロールする

アルコールの量を一度に多く摂取することは控えましょう。ビールやサワーなどでも一口の量を少なくし、ぐいぐいと飲むことは避けてください

3.冷たい飲み物を控え、温かい飲み物・食事を意識して摂る

刺激となるものを避けて、積極的に温かいものを食べてください。また、しっかりと噛むことも大事です。噛むことで消化酵素を分泌して胃腸での消化を助けてくれます。温かいものを摂ることで、胃腸への血流もアップし、消化吸収をサポートします

4.常温のお水をたっぷり飲む

アルコールの度数が高いと、アルコールの刺激も強くなります。アルコールの度数を下げて、ゆっくり飲むようにしてください。更に、水も一緒に摂ることをお勧めします。アルコールを飲んでいるときに、ちょこちょこ水を飲むことがポイントです。

5.消化に良いものを食べながら、一緒にお酒を飲む

油っぽいものやたんぱく質は消化しにくい傾向にあります。ですから、消化によい野菜や煮物などを選ぶとよいです。

さいごに

アルコールは、自分たちの正常な判断基準を狂わせます。アルコールに、飲んでも飲まれないようにするためには、自分のアルコール時の反応を観察することです。自分の反応がわかるようになれば対策はできるはず。
 
そして、1番大事なことはアルコールで下痢になった次の日の食事です。下痢の時は胃腸の粘膜も荒れていると考えてください。ですから、安静に過ごし、常温(人肌くらい)の水をたっぷり飲み、消化に良いものを摂るようにしてください。「休腸日」を設けることもお酒を飲む大人のたしなみです。身体が喜ぶアルコールの種類、食事を選択していきましょう。

photo:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)