4人に1人はペットが原因で寝不足の経験あり!  安眠のために、みんながしている対策とは?
かわいいペットが、安眠の妨げになってしまった……。ペットを飼っていない方は、「そんなことあるの?」と思うかもしれませんが、ペットに睡眠を妨げられている飼い主さんって、実は意外に多いんです。ペット&ファミリー少額短期保険株式会社が、犬または猫を飼っている20~80代の男女1,000人を対象に行ったインターネット調査『ペットオーナーの睡眠 実態調査』によると、約4人に1人が、ペットに関することが原因で睡眠不足になった経験があると言います。では、ペットのどのような行動が、睡眠不足の原因になっているのでしょうか?

同調査によるとTOP3は、

 

1位:鳴き声 41.4

2位:えさの催促 33.2

3位:添い寝 28.5

という結果に。

 

1位の「鳴き声」と2位の「えさの催促」は、ペットの要求で目が覚めてしまうというもの。特に、「鳴き声」は、単純にうるさくて目が覚めてしまうだけではなく、マンション住まいで、ご近所さんに迷惑をかけないように気をつかってしまうため安眠できないという理由もあるのかもしれません。

一方、3位の「添い寝」は、「寝返りなどでペットを潰してしまいそう」「ベッドから落ちてしまいそう」といった“飼い主の心理的不安”が影響していそうです。確かにそういった不安を抱えたままでは、ペットのことが気になって、定期的に目が覚めてしまいそうです。

 

ちなみに、アメリカのメイヨー・クリニックの睡眠障害センターの研究では、「ペットと一緒に寝ている人の53%が、ペットによって睡眠を妨げられている」としています。睡眠の面のみを考えると、飼い主に様々な負担がかかってしまうため、ペットと一緒に寝るのは、あまり好ましくないことなのかもしれません。

 

筆者の周囲のペットオーナーに、ペットが原因でよく眠れなかったことがあるかどうかを聞いてみたところ、「犬を飼い始めた頃は、よく夜鳴きや、深夜のえさの催促に悩まされた」「猫は自由気ままな性格なので、なかなか思うように行動してくれなくて困ることがある」といった声がありました。

飼い始めでしつけが済んでいない時期や、生活サイクルが読みきれない場合などは、やはり睡眠不足の経験があるようです。

また、それに対して、どんな対策をしているのか聞いてみたところ、

 

【猫・夜鳴き】子猫のとき、寂しがらないように、寝床の周りにおもちゃやぬいぐるみを置いてあげた

  • 【犬・夜鳴き】子どものころは、甘えたがりだったので、自分のニオイがついたものを、寝床の周りに置いてあげた
  • 【犬・夜鳴き】老犬の痴ほう症状が出て昼夜が逆転してしまったときに、昼間に散歩へ連れて行き、昼寝をさせないようにした
  • 【猫・えさの催促】生まれて間もない間は、夜中に頻繁にえさをほしがるので、自分が眠る少し前にえさをあげるようにしている
  • 【犬・えさの催促】決まった時間以外はえさを与えず、子犬のうちに食事の時間を覚えさせた
  • 【犬・添い寝】主従関係が崩れると聞いたので、成犬でしつけも済んでいるが、添い寝はしないようにしている
  • 【犬・添い寝】生まれたばかりで一緒に寝ざるを得ないため、ベッドから落ちても大丈夫なように、低めのベッドで一緒に寝ている

 

との声が。

上記の対策を見てみると、ペットも人間と同じように、規則的なサイクルをつくってあげたり、睡眠時に安心感を与えてあげたりすることが、大切だということがわかります。

ペットが、飼い主に対して起こす行動には、理由があります。まずはその理由を探り、どう対処してあげるかを考える。ペットと一緒に安眠するためには、そこから始める必要がありそうです。

 

(参考:ペット&ファミリー少額短期保険株式会社『ペットオーナーの睡眠 実態調査』) 

写真:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)