政府推奨から1年。昼寝のチカラについてあらためて考えてみた

 

うとうと襲ってくる眠気と戦いながら仕事をしているという人。いっそ昼寝をしませんか? え、オフィスで寝たらサボってるように思われるって?

その考え方、もしかしたらもう古いかもしれません。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針2014」には、「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的」とあります。つまり、“国が昼寝を推奨している”というわけ。アメリカのグーグルやナイキ、P&Gなど先進的な企業では最新の快眠マシンを導入して社員の昼寝をサポートしていますし、日本でもITや企画系を中心に昼寝を推奨する企業が増加中。世の中のトレンドは、昼寝のチカラを仕事に取り入れる方向に向かっているといえます。

日本では不眠不休で働くことを美徳ととらえる傾向もあり、「睡眠不足くらい気合いでなんとかなる!」と思っている方も多いかもしれませんが、実は睡眠不足で働き続けることの危険性や経済損失の大きさはさまざまな調査で明らかになっています。上記の「健康づくりのための睡眠指針2014」によると、「起床後15時間以上では酒気帯び運転と同じ程度の作業能率、起床後17時間を過ぎると飲酒運転と同じ作業能率まで低下する」のだそう。つまり、朝6時に起きたら、21時頃にはまともに仕事ができる状態ではなくなっている、ということ。……効率が悪いを通り越して、ちょっと恐ろしさを感じます。

たった15~30分程度の昼寝で脳がリフレッシュされて仕事がはかどり、ミスが減るのであれば、ぜひとも取り入れたいところ。とはいえ、昼寝推奨派の企業はまだ一部ですし、自主的に昼寝を取り入れるにしても上司の目が気になります。安心してオフィスで昼寝をするためには、以下のような準備が必要です。

・職場の理解を得ておく。
・昼寝中に業務が滞らないようにスケジュール管理をしっかりする。
・昼寝の時間を決め、寝過ぎない。
・普段から規則正しい生活をして、体のリズムを整えておく。

オフィスでの昼寝を公認してもらうためには、仕事できちんと結果を出すことも大切。また、昼寝が長過ぎると夜に眠れなくなり、不眠のスパイラルに陥ります。眠気を感じたときに3時ぐらいまでならば15~30分程度を上限とし、メリハリのある昼寝を心がけましょう。目が覚めた後のすっきり感は、なかなかクセになりますよ!

ちなみに、昼寝と聞いて思い浮かべるのがスペインの「シエスタ」。しかし実は「シエスタ」=昼寝ではなく、13~16時までを昼休みとして食事や昼寝、リラックスタイムにあてる習慣をいいます。…ということは、日中にリラックスできる時間をつくれれば、必ずしも昼寝でなくてもよいのかも? 「オフィスで昼寝はちょっとまずい」という人は、効率よく気分転換して脳をリフレッシュさせる“自己流シエスタ”の方法を見つけてみてはいかがでしょうか。