睡眠前の運動はNG!「うっとり美容」でプチ不調と睡眠を改善

 

多くの女性は、時間とお金をかけて、服や化粧品、美容にとご自身の価値を上げるための努力を惜しみません。しかし、その影には放置された身体の課題があることも。

 

生理痛や頭痛、睡眠不足、肌荒れ、肥満、口内炎、耳鳴り、イライラ…病院に行くほどではないけれど、体のプチ不調が少しでもあるのであれば、美容を追求する前に、一つ一つをクリアしていきましょう。それが美への近道となります。今回は、ナイトケアアドバイザーの小林麻利子がこうした身体の課題を解決するために睡眠前におすすめの「夜のうっとり美容」をご紹介します。

 

こんな生活習慣になっていませんか?

 

寝起きが悪く、ばたばたと朝食を食べずに出勤し、コンビニでコーヒーと菓子パンを買って、デスクで朝食。小腹が空いたらお土産でいただいたクッキーをほおばり、歩く頻度や太陽を浴びる機会が少ないオフィスでお仕事。帰宅後は、買ってきたお惣菜を食べ、ソファでだらだら携帯を見ながらTVを観て、シャワーで入浴を済ませ、ベッドの中で眠くなるまで携帯を見る。

 

身体の課題を抱えている筆者の生徒さんの、とある1日の過ごし方です。

 

「ぎくっ」とされたあなたは、身体に何らかの課題を抱えているかも。もちろん若さがあればこうした身体の症状は表面には出ていきませんが、この生活習慣が続くと、睡眠の不調はもとより身体の不調となることは免れません。

 

プチ不調の原因は

 

体温や血圧などの制御に関わる心臓の自律神経系においては、昼間は交感神経系が、夜間は副交感神経系が優位になる概日リズムを示しています。また、昼間は仕事や家事などで効率よく脳や筋肉を働かせるためにも交感神経系を刺激する必要があります。そのためにも、睡眠に向かう夜は交感神経系を休息させることが必要となります。

 

しかし、夜遅くまでPCやスマホなどの電子機器の利用や、睡眠直前の運動などで交感神経系が優位に働いてしまうと、睡眠前に交感神経系が休息できません。リフレッシュのためにと行ったことでも、自律神経バランスの乱れに繋がってしまい、肌荒れや冷え性などの美容への悪影響の他、生理痛などのプチ不調などに繋がりやすくなるのです。

 

「うっとりするか?」を基準に対策を選択してみよう

 

対策はとても簡単。行動を起こす前に、「これを行うと心と身体はうっとりするか?」を基準に選択してみましょう。

 

例えば、睡眠直前に、面白いバラエティ番組を観るか、リラックスできる音楽を聴くか、どちらがうっとりするでしょうか? また、スマホを見てゴロゴロするのか、身体の隅々まで良い香りのするボディクリームを塗り込むか、どちらがうっとりするでしょうか?

 

もちろん、各人の価値観は違うため、スマホを見てゴロゴロする方が良いと答える方もいるかもしれません。しかし、それがたとえ楽しいと感じても、睡眠前の光は眠りに必要なメラトニンの分泌を妨げてしまうため、身体にとってはNG。

 

そのため、心と身体の両方がうっとりするかどうかを判断基準に、過ごしてみましょう。

 

夜の「うっとり」習慣のメリット

 

先述の通り、睡眠前は、副交感神経系が優位にならなければならない時間帯なので、副交感神経系が刺激されるようなうっとり時間を過ごすことで、乱れた自律神経バランスが整いやすくなります。

 

自律神経バランスが整うと、内分泌系へも良い影響が及び、良い睡眠を得られることに繋がります。その結果、肌ツヤがよくなったり、食欲コントロールで太りにくい体型に繋がったり、うまく情動をコントロールすることができるようになったり、正常な体温リズムで朝から活動的に動けるようになったりと、美容面だけではなくたくさんの恩恵があるのです。

 

うっとり美容を感じるツール

 

筆者の生徒さんに効果のあったうっとり美容ツールの1つ目は、ラベンダーの精油を嗅ぐこと。含まれている「リナロール」は、交感神経系を低下することが様々な研究で実証されています。また、同じく「トロイメライ」の音楽を聴くことも交感神経を下げると報告されています。

 

その他、ボディクリームをゆったり塗る、気持ちよいストレッチ、目や耳を温める、足湯、キャンドルを灯してみる等がうっとり美容におすすめ。

 

筆者のサロンには、自律神経バランスが崩れた生徒さんが数多くいらっしゃいます。皆さんの共通する夜の過ごし方は先述の通りで、夜は「うっとり」美容ではなく、「だらだら」過ごされていることがほとんどです。しかし、「うっとり」と「だらだら」は別物。

 

日中は張り詰めた気持ちでお仕事をしているのですから、夜はだらだらと脱力してTVやゲーム、お酒などと自由に過ごしたくなるとは思いますが、本当の意味で身体と心を休息させるためにも、ぜひ「うっとり」美容をご自身の生活に取り入れてくださいね。

 

photo:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)