160519_gomaabura_main

 

近年、モデルや芸能人を中心に愛好者が増えている「シロダーラー」。額にオイルを垂らすという独特な方法を目にしたことがある人も多いかもしれません。シロダーラーは、5千年の歴史があるインドの伝統医学・アーユルヴェーダにおいて、究極のリラックス効果を得られる技術とされており、「脳のマッサージ」とも言われています。

 

実は最近、そんなシロダーラーに睡眠改善効果があるという研究結果が発表されました。調査をした岡山大学の特任助教・時信亜希子さんは「ごま油を使ったシロダーラーは睡眠時間や睡眠効率、寝つきといった睡眠状態を改善する大きな可能性を秘めている」と語ります。普段、寝不足に悩んでいる方には必見の解消方法かも。

インドやスリランカではメジャーな快眠療方「シロダーラー」

 

そもそも、シロダーラーとはサンスクリット語で「頭」を意味するシラと、「垂らす」を意味するダーラーという二つの単語を結びつけた言葉。その由来通り、皮膚の温度よりも少し高い38度から40度くらいに温めたごま油やココナッツオイルをベースにした薬用オイルを、シロダーラーポットと呼ばれる器から一定のペースで額に垂らし、リラックス効果を得る施術法です。

 

日本では美容エステ店などで導入されていますが、アーユルヴェーダの本場では、主にメンタルヘルス分野における治療方法として浸透しているそう。

 

「インドやスリランカなどでは、リラクゼーションや健康維持のためサロンやスパで施術されているほか、病院や診療所などの医療機関で、メンタルストレスやうつ病、頭痛などの治療としてシロダーラーを用いています。疾患によっても施術時間は異なりますが、約30分が目安。オイルも体質や症状によって変更し、ときには薬草をミルクで煎じた薬用ミルクを使うこともあります」(時信さん)

 

時信さんがシロダーラーと睡眠の関係を調査することになったきっかけも、インドでアーユルヴェーダを学んでいた際、寝不足に悩む患者にシロダーラーを施術していた光景を目の当たりにする機会が多かったからだといいます。

「ごま油」の粘度が交感神経の抑制に働き掛け、不眠・寝不足の解消へ

 

脳の浄化や心のケアにもつながり、癒やし効果が期待できるシロダーラーですが、施術を受けた人の多くがこれまで経験したことのないような「気持ちよさ」を感じるといいます。オイルを垂らしてしばらく経つと、時間と空間の感覚が薄れ、夢うつつ状態に。これは、オイルが額から頭が包み込まれることで、緊張が緩和されるからなのだとか。

 

ちなみに、シロダーラーで使われるオイルは、一般的に焙煎していない生搾りのごま油を用います。では、なぜ、ごま油が良いとされているのでしょう?

 

「アーユルヴェーダでは、ごま油が体力をつける上で最も優れていると言われています。生搾りであればほぼ無臭で、色は黄金色。ただし、そのまま使うとべっとりし過ぎてしまい、使用感も重くなるのでいったん鍋で100℃以上に加熱する『キュアリング』という工程を入れます。これにより、さらっとした使用感になるうえ、老化につながる活性酸素から体を守る抗酸化作用も高まります」(時信さん)

 

また、時信さんの研究では、被験者20名にごま油とお湯を使い、2週間にわたってシロダーラーを各7回施術し、睡眠の質がどう変わったかを調査しています。

 

「ごま油を用いたシロダーラーでは、お湯を用いた場合に比べ、被験者の主観的な睡眠の質が改善したことがわかりました。ごま油はお湯よりも粘度が高いため、頭部を流れていくときに、毛根を包む組織の中に存在する神経繊維をより効果的に刺激します。これによって、緊張やストレスによって活発になる交感神経が抑制され、皮膚温が上がり深部体温は下がるため、より良い睡眠をもたらす体内環境が整うのです」(時信さん)

 

こうした作用は精神的・心理的な原因によって起こる症状である、うつ病や神経症などの心身症改善にも効果があるといわれているようです。

シロダーラーの効果をより高める、施術後の過ごし方

 

注意点として、シロダーラーが体質に合わなかった場合、適切な処置が必要になってきます。そのため、セルフで行うのは難しく、技術と経験を持つエステや医療機関で受けるのがおすすめだと時信さんは言います。また、シロダーラーの施術後には、ちょっと意識することで施術の効果がより高くなる秘訣があるそう。

 

「アーユルヴェーダでは、頭皮を刺激することで、落ち着いた心身のエネルギーが再度乱れてしまうという考え方があります。 シロダーラーの後は、髪の毛に付いたオイルをよく拭きとりますが、その際にゴシゴシ拭かないように心掛けてください。また、施術を受けた日はできるだけ落ち着いて静かに過ごしましょう。五感や感情を強く刺激する物には触れず、食べ過ぎない、冷たいものをとらないなどに注意すると、より施術の効果を高めることができます」(時信さん)

 

また、心身の状態によってもシロダーラーを控えた方がいい時があるようです。

 

「シロダーラーでは大量のオイルを使うため、風邪や発熱時などの体調不良時は、皮膚から吸収されたオイルを体内で処理しきれず、自然治癒力の妨げになってしまいます。また、女性の場合、生理期間中は毒素を排出して浄化する期間なので、シロダーラーが逆に自然な排出作用を邪魔してしまう可能性も。生理期間中は身体がデリケートですので、できるだけ安静にしておくことが基本です」(時信さん)

 

抜群のリラクゼーション効果を得られるだけではなく、睡眠の質を高め、寝不足解消にも期待できる「シロダーラー」。「なかなかリラックスできない」「疲れがとれない」という人は、脳から疲れをとってくれるごま油でじっくり癒やされてみてはいかがでしょう?

 

監修:時信亜希子(岡山大学特任助教)

 

飲むだけで体調が整い睡眠の質も上がる!? アーユルヴェーダに学ぶ白湯の作り方

あなたはどのタイプ? 最高の眠りを誘う「アーユルヴェーダ」のタイプ別快眠方法

photo:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)