あなたは大丈夫!? いま増えている「夫婦のすれ違いが生む不眠」とは?

 

近年は不眠も、さまざまな症例が増えているといいます。最近特に増えているのが、中高年夫婦のどちらかが不眠ぎみになってしまう、というケースなのだそう。

「夜早く寝て、朝遅く起きる贅沢」が不眠症を招く!?

 

日本大学医学部精神医学系教授、内山真先生によると、歳をとるにつれて夜間の睡眠時間は短くなるとのこと。健康な大人の睡眠時間は7時間くらいと言われますが、60代では6時間台くらいになります。

 

そんな身体の変化がある中、特に中高年の男性が陥りがちな不眠は、退職後、時間にゆとりが生まれたことによって、たくさん眠ろうと寝床で長い時間を過ごすようになるケース。例えば…

 

【60代男性の不眠症状の例】
長年、23~24時ごろに就寝し毎朝6時に起きる生活を送っていた60代の男性。退職後はゆったりとした睡眠を取ろうと考え、22時には床について7~8時まで寝るようにした。しかし、その1~2か月後には夜中や朝方に目が覚めてしまうように。

 

「布団の中にいる時間を延長しても、ぐっすり眠れる長さには限度がある」と、内山先生は言います。
「22時から7~8時まで寝ると、毎日9~10時間もの睡眠時間をとることになります。一見たっぷりと睡眠時間をとっているように見えますが、実は長時間ぐっすり眠り続けるのは難しい。結局、だらだらと寝たり起きたりを繰り返してしまうのです。そんな睡眠状態は、身体にとっても当然よくないもの。この男性の場合は、改善策として、生活スケジュールを退職前のものに戻して早起きをするようにしたところ、きちんと熟睡感が出るようになりました」

 

睡眠時間を長くとりすぎても、実は身体には逆効果。歳をとって時間に余裕ができたとしても、ほどよい睡眠時間を守るべきといえそうです。

男性に特徴的な朝型化。夫の早寝が原因で、妻が不眠症に!

 

さらに、中高年の睡眠タイプは男女間で差が出てくるそう。男性は老化によって、一般的に40~50代ごろから夜早く寝て朝早く起きる『朝型化』が進みます。一方、女性は「70代までは老化による睡眠の朝型化はあまり目立たない」のだそう。そのため、中高年の夫婦の間に就寝時刻の差が出てしまうのは、自然なこと。ところが、妻が無理やり夫に合わせて眠ろうと就寝時刻を早めることによって、不眠の症状が出てしまうケースが増えているのだそうです。

 

【50代女性の不眠の例】
毎日深夜0時に寝る生活だった50代の夫婦。50代後半となった夫が22時頃に寝るようになったため、妻も合わせることに。ところが、妻は寝床についても眠れない。眠れないことが気になって、なるべく早くから床に入るようにしたものの、どんどん寝つくまでの時間が長くなり、「不眠」状態に…。

 

「早寝が身体のリズムに合わなかったことが不眠の原因です。寝床に入って眠れない状態が続くと、眠ることへの執着が強くなり、逆に覚醒してしまいます。この症例では、女性が以前のように0時に床について6時半起床に戻したところ、不眠症が治りました」

 

内山先生によると、「睡眠は、自分のペースを守ることが大事」なのだといいます。

 

「私たちの身体は、朝起きたときから14~16時間経つと、眠るための準備がはじまります。手の甲や足の甲から熱を逃がし、体内や脳の温度を下げて休息態勢に入るんです。そうすると自然に眠気がさしてきます。身体がこの休息態勢に入る前に、寝床に入ってもなかなか眠れません。また、眠れないこと自体が心配になってくると、今度はその不安から頭が冴えてしまい眠れないという不眠の悪循環に陥ってしまう」

 

夫婦間のすれ違い睡眠による不眠を避けるためにも、自分のベストな睡眠を把握しておきたいもの。互いにぐっすり眠れて、すっきりした毎日を過ごせれば、夫婦仲も順調なものになりそうです!

 

 

※このお話は、9月6日の「秋の『すいみんの日』市民公開講座2015 東京」で行われた内山真先生の講座「健康づくりのための睡眠指針」から抜粋し、紹介しています。「健康づくりのための睡眠指針2014」は厚生労働省ホームページから誰でもダウンロードできます。

 

photo:Thinkstock / Getty Images

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)