自分の睡眠、正しく見えてる? 睡眠を記録することで得られるメリット3つ

最近、スマホアプリやウェアラブル端末など、睡眠を記録できるツールが増えてきました。でも、「とりあえずダウンロードしてみたけど、結局使ってない」とか「毎日使ってるけど、目覚まし機能しか使いこなせてない」という人は多いのではないでしょうか。…それはもったいない! 実は毎日睡眠を記録することでしか得られないメリットがあるそうなんです。

 

というわけで、毎日睡眠を記録するとどんな良いことがあるのか、睡眠改善シニアインストラクターの安達直美さんに聞いてみました。

あなたは自分の睡眠が正しく見えていますか?

安達さんによると、WEBやスマホアプリ、ウェアラブル端末など、手軽なツールで睡眠のログを取ることには、3つのメリットがあるのだそう。

 

「まず1つめは、自分の睡眠に対する認識と、実際とれている睡眠の内容にズレがあると気づけること。『自分は規則正しく眠れている』と自信のある人でも、起床時刻や就寝時刻を記録してみると、実際は意外と不規則なことも多いんです」と安達さん。

自分の睡眠なら本人が一番よくわかっていると思いきや、思い込みで認識しているケースが多いのだそう。正しく記録することで自分の睡眠を客観的に見直して、生活リズムの乱れなど、改善すべき点があることに気づけるそうです。

 

2つめは、自分の睡眠を、長期的なスパンで見直すことができること。何週間かにわたって記録し、それを見直すことで初めて見えてくることがあります」と安達さん。
1週間、1ヵ月と続けることで、「休日と平日では、睡眠時間の差が◯時間もある」「お酒を飲んだ翌日は、いつも寝つきが悪い」といった、自分の眠りの特徴をつかむことができるのだそう。

 

「さらに3つめは、手軽なツールを利用することで、起床時というべストタイミングに睡眠を見直せることです。起きて1~2時間経ってしまうと、今日の寝起きの感覚がどんなものだったか、忘れちゃっていませんか? その日はいい睡眠だったか、悪い睡眠だったかという感覚は、起床時だからこそ正確にわかるもの。だから目覚めてすぐに記録して、睡眠を振り返るのがベストなんです」(安達さん)。

 

確かに、熟睡できたか、疲れが残っていたかなど、今朝の目覚めの感覚を思い出そうとしても、既に忘れてしまっているかも…。スマホアプリなどで、起床時にすぐに記録することができれば、見過ごしていた感覚を正しく把握し、睡眠の改善につなげることができそうです。

 

WEBやスマホアプリ、ウェアラブル端末など、自分に合った記録ツールを見つけよう

安達さんいわく、自分に合った睡眠記録ツールは、すっきりとした目覚めや、質の良い睡眠へのモチベーションアップにも役立つのだそうです。

 

「例えば、WEB上でで『寝る』『起きた』とクリックするだけで、起床・就寝時刻が記録できるサービスがあります。さらに、「睡眠日誌」をつけたり、友達とボイスアラームで起こし合う「ソーシャル目覚まし機能」があるアプリも。これなら記録するだけでなく、起床時の楽しみが増えますよね。

 

また、身につけておくだけで睡眠状態を記録できるウェアラブル端末は、日中の歩数など、昼間の活動量も記録することができるものが多いので、生活全体を通して、睡眠を見直すことができます。

 

実際に、睡眠を記録し始めただけで、夜更かし癖が治ったり、早起きができるようになったという声も多いんですよ」。

 

なるほど、聞いているうちに、だんだんと睡眠を記録したくなってきました。

 

ちなみに現在、上記に挙げたようなツールを使って、睡眠を記録するキャンペーンが実施されているそう。プレゼントなどもあるようなので、普段から睡眠ログを記録している人はもちろん、「毎日記録しよう思ったものの続かなかった」という方も、この機会に「睡眠の記録」にチャレンジしてみては? 思いがけない発見や快眠が手に入るかもしれませんよ。

 

Sleep Styles ユーザー参加型プロジェクト
「日本ノ睡眠ヲ解明スル!」プロジェクトミッション1 夏ノ睡眠ヲ解明セヨ

 

写真:Thinkstock / Getty Images

 

編集部内で信頼できると判断した情報、並びに医師や専門家への取材を元に信頼性のある情報提供を心がけておりますが、自己の個人的・個別的・具体的な医療上の問題の解決を必要とする場合には、自ら速やかに、医師等の適切な専門家へ相談するか適切な医療機関を受診してください。(詳細は利用規約第3条をご確認ください)