プロフィール

KenKen
KenKen
不規則勤務が育てた、不眠歴20年の還暦フミナー
60代男性。20年にわたる高速道路料金所勤務を経て、2014年に定年退職。悠々自適の年金生活を夢見るも、不眠グセが治らず、日中は掃除・洗濯・昼寝・テレビと、外出は控えめの生活を送っている。「日の出とともに働き出して、日が沈んだら眠る」という原始人のような生活が理想。

マイ不眠DATA

  • 75
  • 5
  • 夜中目覚めちゃうタイプ

 

こんにちは、不眠歴20年のKenKenです。前回は私がこれまで試してきた不眠対策をご紹介しました。ですが、どれもちょっと古い方法ばかりだったので、今回は大学生の娘からアドバイスをもらい、睡眠アプリを使ってみることにしました。とはいえ、私はいまだにガラケーなので、家族の古いiPhoneにアプリをダウンロードし、末娘にiPhoneとアプリの使い方を教えてもらいながら、4日間試してみました。

自分の眠りが可視化できることに驚き

 

最初は枕元にiPhoneが置いてあるのが気になりましたが、数日使っていくうちに慣れていきました。また、使い始める前は「アプリなんて…(睡眠をきちんと記録できるの?)」とバカにしていたのですが、娘に操作してもらいグラフの画面を見てみると、しっかり記録してくれていたことに驚きました。

 

私は普段から眠る前に睡眠導入剤を服用しているので、22時に布団に入ってしばらくは深い眠りが続くのですが、グラフをみると、睡眠導入剤の効果が切れる深夜2時前後に一度覚醒していることがわかります。そのあと、布団の中でウトウトしながら眠ったり目覚めたりを繰り返している状態です。

kenken7_01
これまでは「睡眠導入剤が切れた後はよく眠れない」と思っていたのですが、このグラフを見ると、深夜2時以降も少し眠りが深くなっている状態になっていることがわかり、ちょっと安心しました。

体動があまり計測されず?

 

4日間使用したうち、2日間はきちんと計測できていたようなのですが、あとの2日間は、睡眠導入剤が効き過ぎて熟睡していたのか、iPhoneを置く場所が悪かったのか、計測がきちんとできていないようでした。下のように「体動があまり計測されませんでした」と出てしまいます。

kenken7_02

目覚めが早すぎて、目覚まし機能はほぼ使用せず

 

また、使用したアプリには、眠りが浅いタイミングで目覚ましが鳴る機能がついているのですが、目覚ましよりも早くに目が覚めてしまうことがほとんどで使用しませんでした。ちょっと残念…。

 

今回4日間睡眠アプリを使ってみましたが、この後さらに活動量計を使い、私の睡眠を1週間にわたって記録してみました。

 

次回は、その内容を眠りの専門家にチェックしてもらった結果をご紹介したいと思います。良いアドバイス&解決策が見つかると良いのですが…。期待と不安でいっぱいです。

 

【前回の記事】どれが一番効果ある? 私の不眠対策
【次回の記事】良いと思っていたことが、まさか…!? 専門家に睡眠をみてもらいました

 

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。