プロフィール

ひとみ
ひとみ
寝る前スマホが欠かせない、時代の産物フミナー
24歳、ごく普通の会社員。電源とネット環境がないと不安になる時代の産物フミナー。眠れないときはインターネットをして過ごす。学生時代から不眠の自覚症状はあったが、問題視してこなかった。最近になって実害がでたので、ついに不眠解消に踏み出す。

マイ不眠DATA

  • 75
  • 4
  • なかなか寝つけんタイプ

 

こんにちは。ひとみです。

このあいだ、家の大掃除をしていると、あるものを見つけてしまいました。それは、幼少期に保育士さんが書いてくれた保育園手帳の記述。
「お昼寝の時間、おふとんでモゾモゾ、眠れないようすのひとみちゃん。おたのしみ会にむけて、かべの飾りつけを手伝ってくれました」。

 

…「フミナーひとみ」のルーツは、すでに子どものころにあったみたいです。

 

さて、8回に渡って書いてまいりました不眠との健闘記も早いもので今回が最後となりました。第1回目に挙げた不眠の悩みと、その後の経過を振り返っていきましょう~。

 

【悩み1】 寝ても疲れがとれない → ◯ 寝具で改善!
解決策:私の場合は、まず使っていた寝具がよくなかったみたいです。敷きふとんと寝巻きを新調したところ、身体の疲れは前よりもずっと取れるようになり、悩みが改善された気がします! 大成功!

 

【悩み2】 夜中に何度も目がさめる → ☓ 解決ならず…
解決策:やっぱりだめです。「熟睡アラーム」や「睡眠サイクル時計」などのスマホアプリを利用しましたが、アラームが鳴る前に何回も起きちゃいました。目が勝手にスウッと開きます。失敗!

 

【悩み3】入眠までかなりの時間がかかる → ◯ 身体をあたためることで改善!
解決策:湯船にゆっくり浸かること、首のまわりを温めることでかなり改善されました! それでもやっぱり1~2時間は寝つけないときもありましたが、概ね成功!

 

どう思いますか? 私は大満足ですよ! アプリで眠りを測定したり、入浴剤をあれこれ試したり。大得意のインターネットで入眠方法を調べて、試して、全然眠れないよ……うそつき!! とたまに憤ることもありましたが、自分の身体と向き合ういい機会だったなと、晴れやかな気持ちです。

 

今回の私にとっての学びは、適当に過ごしていれば案外眠れるということと、眠れなければ眠らなくてもいいなと思えたことではないかと思います。むしろ悲観しても良いことはなかったです。
精神論になりますが、結構どうにかなる、そんなに眠らなくても大丈夫と思うことで、本当にそうなる気がします。だから、不眠でも安心して問題なし。ただ、不眠が原因で誰かに迷惑をかけるのは良くないので、体調管理だけは気をつけようね(気をつけるだけでいい)ということだと思います。

 

こんな終わり方でいいのかな?
みなさんどうぞ良い夢を!

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。