プロフィール

ひとみ
ひとみ
寝る前スマホが欠かせない、時代の産物フミナー
24歳、ごく普通の会社員。電源とネット環境がないと不安になる時代の産物フミナー。眠れないときはインターネットをして過ごす。学生時代から不眠の自覚症状はあったが、問題視してこなかった。最近になって実害がでたので、ついに不眠解消に踏み出す。

マイ不眠DATA

  • 75
  • 4
  • なかなか寝つけんタイプ

 

こんにちは。ひとみです。

前回、アプリで自分の睡眠を見直したことで、不眠の症状をひとつ改善することができました。睡眠の質は寝具でずいぶん変わるものですね~!

 

さて、週末を利用し京都まで足を延ばしてきました。最近友達になったばかりのオーストラリア人のエリックとその友だち、合わせて3人での観光。エリックは3年前の自分の写真を見せたがり、「渡部篤郎に似てるでしょう~」と言いますが、仕事に疲れて顔が変わってしまったらしく、今は田中要次に似ています。

 

そんなエリックたちと出町柳で自転車を借りて、市内から鴨川の水源・貴船まで爆走。夜は京都駅周辺を散策して(夜の京都駅はすごくかっこいい)、料理屋で酒を以て池となし、肉を懸けて林となす……いい旅行でした。もう少し暖かくなったらまた行きたい!

 

帰りの新幹線でエリックたちがうとうとする中、私はまったく眠れずに、仕方なくボンヤリと原稿をしたためているところです。自転車を半日漕ぎ続けたばっかりに、疲れすぎて眠れないオモシロ現象が起こっています。

 

ネットで調べてみたところ、

  • ・疲れで眠れないときは、交感神経が活動的になっているのが原因
  • ・いかに副交感神経を優位にするかがカギ
  • ・心身を癒すには入浴がおすすめ

とのこと。

 

無理に眠ろうとするほどに眠れないのは、「眠ろう!眠ろう!」と脳を刺激し、緊張状態になることが原因ということも判明。

というわけで、帰宅の途中、効能に「疲労回復」とある入浴剤を片っ端から買ってきました。普段はシャワーばかりで湯船に浸かる機会はあまりないのですが、久しぶりに長風呂。気持ちよかった~。

結果、入浴後たった1時間で倒れこむように眠れました! 大成功! うまくいきすぎ!

 

湯船に毎日浸かれたらいいのですが、シャワーだけで済ませたい日もあるという課題も残しつつ、久しぶりに苦労せずに眠れて嬉しかったです。こうして少しずつでも自分の睡眠を理解して、見直せるのはいいことですね。

次回、母から聞いた私の寝相・寝言についてのお話をしつつ、残り3回のコラムで脱・フミナー目指して邁進してまいります!それでは!

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。