プロフィール

zoomin
ずーみん
毎晩仔羊のように悩める新米社会人フミナー
22歳 製造業。生活環境が変わり、自分の今後と将来が不安で仕方ないしっかりと眠れない新米社会人。将来の事が悩みで眠れなくなることもしばしば。製造業という職種が故に夜勤もあり、さらに質の良い睡眠が取れないという悩みも…。

マイ不眠DATA

  • 75
  • 6
  • タイプ

 

会えないストレスで今夜も眠れない…。

 

皆さんどうもこんにちは、まだぐっすり眠れない新社会人フミナーのずーみんです。

 

前回の記事では、不眠の原因について自分なりに考えてみました。
コーラの飲み過ぎだったり、スマホを見る機会が増えたりと、不眠の原因はいくつかあったのですが、今回は、その中でも1番根深いと思われる、「ストレス」について、しっかり考察してみようと思います。

 

不眠の原因のひとつに、住環境の変化がありましたが、そもそも「住む土地」が大きく変わってしまったことが、私のストレスの元になっているような気がします。

 

いま思うと、4年間の大学生活を過ごした関東地方は、とても居心地のいいところでした。そのころ住んでいた家は都心部に出るのに車で1時間ほど。決して、都会に住んでいたとは言えませんが、洋服やレコードなどの買い物や大好きな音楽イベントなど、ちょっと足を伸ばせば何でも楽しめたのです。

 

ところが今年の4月、就職のために引越した先は、中部地方のとある街。夜中にコーラが飲みたくなり、コンビニに買いに行くにも、車で20分ほど走らせないといけません。また、東京へ出かけるにも以前のようにはいかず、高速道路を使っても、車で3時間弱かかってしまうのです。
生まれてからまったく馴染みのない土地ということもあり、次第にストレスを感じるようになってきました。

 

さらに、実は最大のストレス(!)になっているのが、現在、お付き合いをしている方との住む距離が遠くなってしまったこと

 

関東にいたころは、お互い隣町に住んでいたので、会いたいときにすぐ会うことができました。しかし、4月に私がやむを得ず引っ越したことにより、なかなか会えなくなってしまったのです…。それまでは、好きなとき、好きな場所で直接会って話をすることが多かったのですが、それが叶わない。これまで味わったことのない辛さが、じわりじわりとストレスを増幅させていきます。

 

すぐに会える距離にいないことで、それが漠然とした不安をあおることも。夜、寝ているときに「彼女はいまどこで何をしているのか…」などと考え始めると、そのことについてぐるぐるぐるぐると考え込んでしまい、結局ほとんど熟睡することができず、また憂鬱な朝を迎えてしまうのです…。

 

一日でも早く、ぐっすり眠るために、どうにかしてこの悩みを解消できると良いのですが…。

 

次回は、フミナー最大の敵である、「夜勤」のある仕事生活について書いていこうと思います。あぁ、早く眠れるようになりたい…。

 
【前回の記事】不眠の原因は結局アレだった? 徹底的に追求してみた

【次回の記事】強敵、「夜勤」現る!

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。