プロフィール

歌たろう
歌たろう
幼少期からの不眠に悩む ミュージシャン・フミナー
40代、シンガー。中学時代にロックバンドを始め、現在も全国各地で歌い続けているベテランミュージシャン。幼少期から3時間以上まったく目覚めることなく眠った記憶が無いと言う不眠人間である。昼寝で寝不足の穴埋めをと心掛けるが、それもせいぜい15分程度。ミュージシャンとしての生活や角度から眠りにまつわるあれこれを綴っていく。

マイ不眠DATA

  • 80
  • 4
  • 眠りの質が悪いタイプ

 

ミュージシャン&シンガーとしての視点や経験から見た“眠り”、そして幼少期からの“不眠体質”について、計8回に渡り執筆させて頂いたこの連載も今回が最終回。

 

自身の眠りについて新たな考察や発見が出来たことに、感謝を込め。
また連載が終了した途端、不眠体質との対峙を終息しかねない自堕落な私への戒めも大いに含め。

 

最終回の今回は宣言とも言える

 

『不眠人生に終止符を打つ!』

 

などと言うハードル高き大胆なタイトルを付けさせて頂きました(笑)。

 

このタイトルに少しでも近づくべく、執筆を通して得た数々の知識を携え、今後も悪習や生活サイクル等の改善に取り組んで行こうと思います!

 

そんな決意新たなる今回。
実は“眠り方”に投じた一石により、先日から“眠り”に嬉しい変化を得ています!

 

その“一石”とは。

 

眠って2〜3時間で必ず目覚めてしまい、その後再び寝ては目覚めの繰り返し…平均睡眠4時間、幼少期から非常に眠りの浅い私。しかも年齢を重ね、仕事などへの支障も多く感じ始めた近年。

 

この“2〜3時間で訪れる1度目の目覚め”の後、思い切って“起床”してみることにしたのです。

 

すると、職業柄、随時存在する待ち時間や移動時間などで、以前はまるで眠れなかった私が、“仮眠の取れる私”に変身したのです!

 

さらに眠りにも“熟睡感”があり、平均睡眠時間も30分〜1時間ほど長くなりました。また時間を問わず、起床後即座に着手している音楽作業にも何故か?好感触続出〜(笑)。

 

いやはや、正に“一石二鳥”です!

 

ごく単純なこんな事さえ、今まで試していなかった自分に苦笑。荒療治であり一時的効果とも思われますが、これも今回の連載あってこそ!

 

今後も不眠人生の“終止符”に向け、更なる音色の“音符”を一つ一つ紡いで行こうと思います。

 

最後に。

 

執筆前は「さて、どう書き進めて行けば?」などと少々困惑だったこの連載も、いざ蓋を開けてみれば意外にも筆はスラスラと前進!

 

思ってもみなかったこの“スラスラ現象”は、不眠体質に対する悩みや不安、疑問をいかに溜め込んでいたか、敢えて気にしない様にしていたかの如実な現れだったと思います。

 

この機会が無ければ、今後ものらりくらりとスルーしていたであろう不眠体質との対峙。改めてこの機会を与えて下さった関係各位&読者の皆様に感謝致します。

 

今回の件に限らず、やはり悩みや不安、疑問は抱え込まず、時として吐き出してみるもんですね。

 

本当に有難う御座いました! 有意義で楽しみな執筆でした。

 

 

【前回の記事】目指せ! 夢の睡眠時間2桁台!

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。