コンサバ系になればモテるんじゃないかと赤文字系ファッションに路線変更したり、瀬戸内寂聴に傾倒して出家を検討したり、巻き物のような長い紙に恋文をしたためて意中の人に逃げられたり、と、薄っぺらい思想に翻弄されまくった20代でしたが、なんとか結婚できました。その後、赤ちゃんを授かり、幸せ妊婦ライフのはじまりかと思ったのですが……。

プロフィール

kacchan_
かっちゃん
中年といわないで。めざせ〝不眠美魔女〟37歳やさぐれ主婦フミナー
フリーペーパー編集、取材記者、ウェブ編集者などを経て、現在は2歳&4歳の子持ち専業主婦(37歳)。いまだに編集者時代の不規則な生活習慣が抜けず、子を寝かしつけた後はネット界隈の黒い噂や凶悪事件についてググったり、遠い故郷に想いを馳せたりとムダに眠れない日々を送る。寝入った後は、妊娠中からはじまった頻尿に悩まされる。

マイ不眠DATA

  • 80
  • 5
  • 4

 

妊婦は、とにかく、眠い。

 

ダメ人間なんじゃないか、と思うほど日中眠いのです。眠れるものなら24時間寝たい。これには理由があり、妊娠すると黄体ホルモンという物質が体内から分泌されて、疲労感や倦怠感を持つようになるからだそう。その結果として、眠気をもよおしてくるらしいですよ。なので妊婦の奥さんや同僚が日中寝ていても、どうかご理解を。「妊婦は眠いものだ」と暖かい目で見守ってあげてください。

がっっっ、眠れない!

 

「人より眠いのに、人より眠れない」……福沢諭吉先生のお言葉かと思いましたね。そう、妊婦は眠くなる仕様だというのに、腹の中の赤子が簡単には眠らせてくれないのですよ〜!

 

妊娠期間には、ざっくりわけて「初期」「安定期」「後期」とあります。私の場合、フェーズによって不眠の原因が変わりました

 

【初期:つわり不眠】
一日中船酔いのような吐き気に襲われ、もちろん寝る前も襲ってくるのでトイレへ駆け込み…。眠るどころじゃない。正直、不眠の辛さよりも、つわりの辛さしか覚えていない。

 

【安定期:赤子が腹を蹴って不眠】
安定期という言葉に惑わされてはいけません。夜間に限って赤子が腹を蹴ったり動いたりして、安眠とはいかないのです。

 

【後期:腹が苦しい&頻尿不眠】

ka03

 

あの大きなお腹で、仰向けで寝ているところをご想像ください。……苦しそうでしょ?ええ、めちゃくちゃ苦しいです。夜間、何度も体勢を変えてみるけれど、どれも収まりが悪い。そのうえ、ホルモンバランスがおかしくなっちゃっているため、故郷が恋しくてやたら泣くわ、赤子に膀胱を圧迫されて頻尿になるわ、「2ちゃんねる」の育児板の名づけスレッドを読みふけるわで、もう寝られる気しない。

 

とまあ、産むまで眠れない修行のような日々が続いたんですが、出産したら今度はさらにその上をいく24時間耐久レースのような育児が待っていました。産後の眠れなさ具合のヤバさは、あちこちで語り尽くされているかと思いますので、ここでは割愛します。

妊婦って、思っているほどハッピーじゃない。

 

妊婦は一見、幸せそうにみえるかもしれません。もちろん幸せなことではあるのですが、経験しないとわからないマイナートラブルをたくさん抱えていて、妊娠期間がつらい人がいるのも事実。

 

不眠もその原因のひとつです。妊娠期間の不眠は、妊婦の体力を奪うだけでなく精神的な不安も呼び起こします。まわりの理解があれば救われる部分もあるので、どうか旦那さまや同僚、上司の方は、寄り添ってあげると、不眠で不安定な妊婦さんも救われるのではないか、と私は思います。美魔女(美魔女設定を忘れていました…)からは以上です。

 

【前回の記事】環境の変化についていけない! 新卒ストレスフル不眠
【次回の記事】ロード・オブ・ザ・夜間頻尿

 

 

==== 編集部が1記事ずつ選んだオススメ記事 ====

妊婦さん必読!妊娠したら気をつけたい!正しい睡眠スタイルって?

→眠気を我慢して、妊娠前と同じようにがんばってしまっている人は要注意。今回は、妊娠期の睡眠について専門家に伺いました。

マタニティの困った不調に・緊張をゆるめる不眠解消ヨガ

→妊娠すると、急激なホルモンバランスの変化によって、様々な不調が起こりやすくなります。そんな時に実践したいマタニティヨガの方法をご紹介しています。

生理のしくみ&トラブル対処法|妊娠の可能性や眠気との関係

→女性の身体とは切り離せない生理。生理の仕組みやトラブルに直面したときの対処法、妊娠しているかどうかの判断材料、眠気との関係性などについてまとめています。

男性も必見! 妊娠を邪魔する「酸化ストレス」、軽減する秘けつは睡眠にあり!?

→妊娠のしやすさは、身体をサビつかせ老化の原因となる「酸化ストレス」と関係があるのだそう。そしてその酸化ストレスを軽減するためにカギを握っているのが、睡眠のとり方なのだとか。

妊娠・更年期は睡眠状態が変化?女性ホルモンが睡眠に与える影響

→妊娠中や更年期など、女性ホルモンが睡眠に与える影響をご紹介しています。

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。