プロフィール

HAL
HAL
ハードな仕事と眠気に悩む、アラサー不眠コンサルタント
28歳、男性。外資系コンサルティング会社勤務。終電で帰り自宅でも仕事、4時寝7時起き、という生活の結果「眠れない→業務効率落ちる→眠れない……」の不眠デススパイラルに突入。仕事も睡眠も質向上が課題のアラサー。土曜の午前には予定が入れられない。

マイ不眠DATA

  • 85
  • 4
  • —タイプ

 

sleeping_02

 

平日溜めた仕事のストレスを、休日この原稿を書くことで癒す。どうも、HALと申します。……出だしからいきなりワーカホリックぶっていますが、今週も寝不足でぼんやりした頭で、えっちらおっちら仕事をしています。

 

前回「睡眠改善計画を立てるために、1日の様子を振り返ってみたい」と書きました。宣言どおり、今回は不眠コンサルタントの一日、それもせっかくなので今までで一番眠かった一日を実況中継風にお届けします。僕にとって眠れないことがかなり喫緊の課題であること、そして生活改善できそうなツッコミどころがたくさんあることが見えてくるのではないかと思います。

 

不眠コンサルタントの仕事と眠気、実況中継

 

【7:00】 起床。起きた瞬間から眠く、これはヤバいと焦りつつシャワーなど家を出る準備。エナジードリンクをぶち込んで家を出る。

 

【8:00】 1時間かけてクライアント先に通勤。都心の朝の交通網は、バスも電車も満員なので寝過ごさなくて済むことが救い。ただ、体力は激しく消耗してヘロヘロに。

 

【9:00】 定時ギリギリで出社。前日返せなかったり夜の間に溜まったりしたメールに返信するのが毎朝のタスクだが、眠気もあいまって筆が遅い。1通返す間に2通メールが届く状況に混乱。「おつkらえさまです」「よろです」などのビジネスパーソンにあるまじき誤字・脱字を連発する。

 

【10:00】 返信が終わらないまま、プロジェクト朝会。頭も口も回らず、「昨日の進捗でしゅけれども」と順調に噛む。

 

【11:00】 朝会が終わりメールの返信に戻る。この分だと昼すぎまで延々メールを返すことになりそう。一生分の「お疲れさまです」を打った気分になるが人生は続く。

 

【12:00】 同僚がご飯を食べ始めるが、時間が惜しいのと食べると眠くなるので昼飯を抜くことを決意。本日100回目の「どうぞよろしくお願いいたします」。

 

【13:00】 某事業部門との打ち合わせ。2時間の長丁場で議事録を担当する……のだが、睡眠不足・タイピング疲れ・慣れないビジネス専門用語のトリプルパンチを食らって一気に睡眠の沼へ。まぶたの筋肉に全精力を集中したため、議論の内容が一切頭に入らず。終了後、女性のプロジェクトメンバーから「HALさん、おつかれですね……」と苦笑いされる。

 

【15:00】 自席に戻ってなんとかメールチェックを終わらせ、さきほどの会議の議事録に手をつける。まともに聞けていれば会議中に8割方完成できるのだが、ほとんど聞けていないので、録音に頼ってムダに時間がかかる。

 

【17:00】 議事録がやっと済んだところで次の会議。眠気が限界を超え、何度か意識が飛ぶ。気づけば会議は終了していて、一緒に会議に出ていた自社の先輩に「今日みたいなのが2度続いたらフォローできないぞ」とダメ出しを食らう。

 

【19:00】 会議終了。クライアントがぼちぼち帰宅し始め、やっと自分の仕事ができるようになる、かと思いきや、関係部門の一つでトラブル発生。慌てて駆けつけフォローをするが、課長のことを「先生」と呼んでしまい大恥をかく。

 

【21:00】 トラブルもなんとか解決し、2つ目の会議の議事録へ。録音の中に自分の寝息が聞こえて落ち込む。

 

【23:30】 議事録も済ませ、やっと本業の進捗管理資料作成へ。今日行った2つの会議や、メールで来た報告を資料に反映させていく。この資料を使った朝会はあと10時間後に迫っている。

 

【0:30】 厳しいプロジェクト予算事情により、終電で帰って自宅作業をすることに。疲れ果てて最寄りの駅からタクシーを使ってしまう。

 

【1:30】 帰宅。作業をしなければならないのだが、どうしても気が乗らず、30分ほどビールを飲みながらグダグダとネットサーフィン。気づけば2時になっており、観念してPCを手にする。

 

【4:00】 その日分の作業、やっと終了。外は明るくなりはじめている。カーテンを閉めて、アラームがついているのを確認し、ベッドへ。次の朝起きられるかが不安で、眠りに落ちるまでに少し時間がかかった。「もうこんな仕事辞めたい」という気持ちを押し殺すように就寝。

 

いかがでしょうか。眠れないことが効率を下げ、仕事が遅くなり、結果的に眠るのも深夜になって次の日に影響する……という悪循環。土日にどうにかリカバリーをしていますが、限界があります。

 

眠りの質を上げ、快眠が達成できれば、きっと仕事も早くなる。そうすれば、睡眠時間も長くなる……。悪循環を好循環に、そんな切実な願いとともに、今日も床に就きます。

 

【前回の記事】眠らないと(社会的に)ヤバイ……! 激務系コンサルタントの不眠遍歴と悩み
【次回の記事】顔面蒼白、解雇寸前!? 眠すぎて起きてしまった僕の失敗

 

  • 体験談は個人の感想であり、特定の効能・効果を保証したり、あるいは否定したりするものではありません。