タバコは睡眠を妨げる

お酒やカフェインを含む飲み物と同様、タバコも寝る直前に吸うと睡眠を妨げてしまいます
吸った直後はリラックス効果があるものの、その後は一転して覚醒効果が数時間続くためです。
実験によると、喫煙者は非喫煙者に比べ、寝つくまでに約5分長く時間を要し、さらに睡眠時間は平均14分間短く、深い睡眠が14%少ないという結果が出ています。

ニコチンの影響

タバコの中に含まれるニコチンは、中枢神経や末梢神経、筋肉に広く作用します。脳では覚醒をもたらし、身体全体の血管を収縮させるため、血圧の上昇や脈が速くなるなどの変化を及ぼします。
ニコチンが体内で分解され、半減するまでには約2時間かかります。そのため、寝る2時間前にタバコを吸っても、ニコチンの半分は残っているため、寝つきが悪くなり、睡眠中に目が覚めやすくなってしまうのです。

ニコチンの禁断症状

喫煙者が禁煙すると、数日間は睡眠にもニコチンの禁断症状が現れます。日中の眠気が強くなり、逆に夜に目が覚めやすくなるのです。
ニコチンの禁断症状にはニコチンパッチが有効とされていますが、それは睡眠に対しても効果的。中途覚醒が少なくなり、深い睡眠が増えるとされています。

 

参考図書:
『ぐっすり眠れる3つの習慣』(KKベストセラーズ)著/田中秀樹
『快適な眠りのための 睡眠習慣セルフチェックノート』(全日本病院出版会)著/林光緒、宮崎総一郎、松浦倫子
『基礎講座 睡眠改善学』(ゆまに書房)監修/堀忠雄・白川修一郎 著/堀忠雄ほか

  • 本ページ内の医師による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。