夢を見る仕組み

睡眠中に毎夜のように見る「夢」ですが、いまだその全容は解明されていません。心理学や精神分析方面でも積極的に研究が行われており、「夢分析」で知られるフロイトは「夢は抑圧された性的衝動の表れ」と唱えていたり、近年の精神分析の世界では「夢は深層心理の表れであり無意識を反映するもの」という説が主流となっていたりします。

人が夢を見るのは、寝ているときであっても眼球運動が行われており、視覚野で何らかの視覚情報が処理されているためです。とくにレム睡眠のときに、その動きは活発になり、鮮明な夢を見ているとされています。

 

また、夢は、記憶の再生と再処理過程で現れる「脳内イメージ現象」であるとも言われています。これまで自分が体験した出来事や、蓄積してきた記憶や情報がアトランダムに抽出されて、映像イメージに反映されたものが夢になるのです。

 

そのため、自分でその内容をコントロールすることは難しく、時に荒唐無稽なものであったり、恐怖心に駆られるものであったり、楽しげなものであったりと、悲喜こもごもの夢を見てしまうのです。

覚えている夢と忘れてしまう夢の違い

人が夢を見ている時間は、平均10分〜30分間程度と言われており、1日に何度も夢を見ることもあります。

人はレム睡眠時と、ノンレム睡眠時のいずれも夢を見ていることが判明していますが、鮮明でリアルな夢はレム睡眠時に限られ記憶に残る夢は目覚める直前に見た夢だけノンレム睡眠時の夢は、ほとんど記憶に残らないものとされています。

<レム睡眠時の夢の特徴>
・はっきりした夢
・荒唐無稽でありながらも内容が鮮明であったり、ストーリー展開があったりする
・起床後も記憶に残る
<ノンレム睡眠時の夢の特徴>
・はっきりしない夢
・内容が平凡
・起床後はほとんど記憶に残らない

 

参考図書:
『脳も体もガラリと変わる!「睡眠力」を上げる方法』(長岡書店)著/白川修一郎
『睡眠のしくみ』(ナツメ社)監修/鳥居鎮夫・睡眠文化研究所 著/小林保

  • 本ページ内の医師による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。