夕食はタイミングが重要

寝る直前に夕食をとると、胃や腸が活発に働き、寝つきが悪くなってしまいます。また、睡眠中は胃腸がほとんど動かないので、胃の中に残った食べ物が朝まで消化されず、眠りの質を落とす原因にもなります。それが、朝食がとれないことにもつながり、食事のリズムまで崩れてしまいます。
夕食は、寝る3時間前までに食べ終えておくのが理想です。

寝る前に食べると太るのは本当?

睡眠時間が短いと、食欲を高めるグレリンというホルモンがたくさん分泌され、食欲を抑えるレプチンというホルモンの分泌が減ります。このため食欲が増し、摂取カロリーが高くなる反面、夜はエネルギー消費が少ないため、太りやすくなるのです。
十分な睡眠をとることでグレリンとレプチンのバランスが整えられ、食習慣の改善・睡眠改善につながります。

3時間前に食べられないときは

残業などで寝る3時間前に夕食をとれないこともあるでしょう。そうした場合は、食事を2回に分けてとりましょう
例えばいつも0時に寝ている人なら、21時までに簡単な食事をとり、帰宅後にどうしてもお腹が空いたら2回目の軽い夕食をとります。こうすることで、消化されずに胃に残る量を少なくすることができます。

寝る前にお腹が空いたときは

寝るときには胃にものが残っていない方がよいですが、あまりにも空腹すぎても寝つけません。寝る前にお腹が空きすぎている場合には、低カロリーで消化のよいクラッカーなどを少量とるようにしましょう。

 

参考図書:
『脳も身体もガラリと変わる!「睡眠力」を上げる方法』(永岡書店)著/白川修一郎

  • 本ページ内の医師による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。