レム睡眠行動障害(RBD)とは

レム睡眠中に起こる夢見体験に一致した夜間異常行動です。
通常、レム睡眠時には身体の力が抜けていますが、RBDの場合にはレム睡眠時にも身体の骨格筋に力が入った状態で身体が動き、時に激しく動くことでベッドパートナーや本人が外傷を負うケースもあります

 

RBDは、医療関係者のなかでも知らない人は多く、単なる寝ぼけやストレスと片づけられたり、せん妄や認知症と誤診されたりしていることも少なくありません。

 

50歳以上の比較的高齢な男性に多く、RBDを発症した後に、パーキンソン病、レビー小体型認知症、多系統萎縮症などの神経変性疾患の発症がみられることから、最近ではα-シヌクレオパチーの前駆症状と考えられています。

レム睡眠行動障害(RBD)の症状

不快な夢の中で知らない人や動物などと対決したり、追いかけられたりする攻撃的な状況に陥り、手足を激しく動かしたり、蹴ったり、走り回ったり、大声を上げたりします
異常行動が終わるとすぐに目を覚まし、夢の中の出来事と自分の行動を筋の通ったストーリーとして話すことができます。
目を閉じたまま、現実ではない夢の中での出来事に応じて動こうとするので、寝室周りの物が壊れたり、ベッドパートナーを含め外傷の発生率が高くなったりします

 

場合によっては生命を脅かすほどの外傷を負うこともあります。そのため、RBDの多くのケースは、本人かベッドパートナーが睡眠関連の傷害を受けることで受診にいたります。

 

発生頻度は1週間に1度程度が一般的ですが、個人差があり、一晩に複数回みられる場合もあります。

また、進行例では嗅覚障害を伴うことが多く、長期的に持続する神経変性疾患と考えられ、自然に治ることは稀です。

レム睡眠行動障害(RBD)の原因

RBDの原因は、特発性と症候性に分けられますが、原因不明の特発性RBDが、最近は高齢者の男性に急増しています。

 

一方、症候性のRBDの原因には、慢性薬物中毒の離脱、急性薬物中毒、肝炎、全身性エリテマトーデス(SLE)、脳器質疾患があります。
現在のところ、RBDの原因そのものを絶つ治療法はありませんが、薬で症状を緩和にコントロールすることはできます
RBDの症状が現れたら、睡眠専門医もしくは神経内科医を早期に受診することをおすすめします。

 

参考図書:
『睡眠障害国際分類第2版(ICSD-2)』日本睡眠学会診断分類委員会訳(医学書院)2010
『睡眠障害診療ガイド』日本睡眠学会認定委員会ワーキンググループ監修(文光堂)2011

監修:
塩見利明先生(愛知医科大学 睡眠科 教授)

  • 本ページ内の医師による回答・説明は診療行為ではありません。
  • 自己責任において利用し、必要があれば適切な医療機関を受診してください。