ダイエットで睡眠の質改善。『やせおか』レシピ・柳澤英子

テレビ、雑誌などで話題の『やせるおかず 作りおき」シリーズ(2017年現在、累計発行246万部突破)の著者で料理家の柳澤英子さん。50歳を越えてから1年間に26kgというダイエットを見事成功させ、5年経った現在もリバウンドせず、体重をキープしているという、ダイエッターの憧れの的です。これだけ劇的に痩せると、心身ともにかなりの好影響があったはず! 柳澤流ダイエットの秘訣や、食生活と睡眠との関係についてお話を伺いました。

 

 

徹夜は当たり前…駆け出しの編集者時代の不規則な生活

徹夜は当たり前…駆け出しの編集者時代の不規則な生活
──やせるおかずの作りおきレシピ本「やせおか」シリーズが大ヒットしていますが、柳澤さんは料理家になる前は、編集者だったそうですね。
 
「小さいころから本を読むことが好きだったので、文字に関わる仕事をしたいとずっと思っていたんです。運よくライターとして出版業界で働き始めることができ、やがて編集の仕事もするようになりました。そして、自分の仕事の領域が広がってきた27歳のとき、ライター仲間と共にライティングや編集業を行う編集プロダクションを立ち上げ、編集者としてのキャリアを積み重ねていきました。若いときは本当に仕事が楽しくて、仕事ばかりしていましたね」(柳澤さん)
 
──編集者というと、徹夜の連続で超多忙なイメージがあります。柳澤さんも、そんな毎日を送っていたのでしょうか?
 
「当時はパソコンが無かったので、調べ物のために図書館に行ったり、入稿するときには原稿や写真など必要な素材を直接編集部に持っていったりと、とにかくやることが多く、時間もかかりました。そのため、月曜日は6時間睡眠、火曜日は4時間睡眠、水曜日から金曜日までは徹夜…というような生活リズムに。でも、意外と心身ともに大丈夫でしたね」(柳澤さん)
 
──何か特別なことをしていたんですか?
 
「実は、私は特殊な体質らしいんです。以前お医者さんで脳波を調べてもらったことがあるのですが、私の脳波は、ぼーっとしているときの脳波が眠っているときと同じ状態になっているそうなんです。だからこそちょっとした隙間時間に、脳を休めることができていたのかもしれませんね」(柳澤さん)
 
──それはお得な体質ですね。多忙な生活の中で少しずつ休息がとれるというのはかなり役立ちそうです。しかし、夜にしっかりと睡眠時間がとれない日々が続くと、さすがにいろいろと支障が出るのでは?
 
「繁忙期に着替えを自宅に取りに帰って、そのまま玄関でバタリと眠ってしまうなんてことは、よくありました。一番ひどかったのは、家から事務所に戻ろうとタクシーに乗ったのに、地名がまったく思い出せなくなってしまったこと。『新宿』との地名が出てこなかったときはさすがにヤバイと思いましたね(笑)。仕事は大好きだったけど、会社を立ち上げてから数年は、忙しくてほとんど休みナシ。生活にゆとりが出てきたのは、会社が大きくなり、仕事をスタッフに任せられるようになった30代のころでした」(柳澤さん)
 
寝不足のサインって? 寝不足が引き起こす症状と対処法
 
──仕事がメインの生活だと、ストレスがたまりますよね。どのようにしてストレスを解消していたのでしょうか?
 
「私は大好きなお酒を飲むことがストレス解消なんです。仕事の後には事務所近くの行きつけのお店に集まって、みんなで飲んでから帰るのが日課でした。他には料理をしたり、飼っていた猫と過ごしたりする時間も癒やしになっていたかな。とにかく、その日のストレスはその日のうちに解消するようにしていましたね」(柳澤さん)
 
3分ストレスチェック|タイプ別10のストレス解消法
ストレスと上手に付き合うために、睡眠を味方につける方法
 
──毎日飲んでいると、体重も気になるところ。もしかして、ダイエットを始めたのはそれがきっかけだったのでしょうか?
 
「いいえ。もともと太りやすい体質だったので、小さいころからあらゆるダイエットを試してきたんです。やれば多少は痩せるのですが、結局リバウンドしてしまいました。むしろ、その後さらに体重が増えるという繰り返しで、いまから6年ほど前の最も太っていたときは73kgまでに。そんな状態だから、私にダイエットは無理なんだなと思っていました。でも、実は自分で太りやすい身体を作っていたんですね。そのころは常に何か食べていないと落ち着かず、1日4〜5食は当たり前。食べるものも、ラーメンと餃子といった炭水化物の重ね食べ、挙句、お酒を飲んだ後は決まってラーメンでシメていましたから」(柳澤さん)
 
──体調が悪くなったりはしませんでしたか?
 
「太っていたころは、身体というより、睡眠に問題があったと思います。寝付いたと思っても少しの物音で目が覚めてしまう、ぐっすり眠れない、朝起きられない、起きたら身体がだるい…。睡眠の質は最悪でしたね。いま思えば、晩酌の後にシメのラーメンを必ず食べて毎晩満腹の状態で眠っていたので、身体が休まっていなかったのだと思います」(柳澤さん)
 
身長157cmで73kgという体重。当時の柳澤さんは、動くことすらおっくうで、徒歩5分の距離でもタクシーを使うという状態だったといいます。そのうえ睡眠の質まで悪いとあっては、身体の疲れも取れなくて当然…。柳澤さんは、そんな最悪の状態から、どのように脱却したのでしょうか。

次のページ:ストレスをためないシンプルなルール。我慢しないダイエット

1 2 3 4